ニュース速報

ビジネス

HSBC、低金利で事業モデル見直し 手数料収入の拡大めざす

2020年10月27日(火)19時48分

 10月26日、金融大手のHSBCホールディングスが発表した第3・四半期決算は、税引き前利益が31億ドルとなり、前年同期の48億ドルから35%減少した。写真はニューヨークで昨年8月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[香港/ロンドン 27日 ロイター] - 英金融大手のHSBCホールディングスは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な流行)を受けビジネスモデルの見直しに着手する。従来の金利収入依存から手数料収入を中心とするモデルに移行、組織のスリム化、的を絞ったコスト削減の強化を加速する。可能な状況になれば保守的な配当を再開する方針を示した。

HSBCが取り組むビジネスモデルの変更は、同行にとって極めて重大な戦略の転換となる。これまで1兆5000億ドルを超える預金を抱え、融資とで利ざやを稼いできたが、世界的な低金利環境となり、一部ではマイナスとなる中、それがままならなくなった。純金利収入は引き続き圧迫されると予想している。

HSBCは、一部市場で当座預金などの金融商品に手数料をかける可能性があると表明した。

エウェン・スティーブンソン最高財務責任者(CFO)はロイターに「一部市場で、基本的な銀行サービスで手数料の徴収を検討する必要がでてくるだろう。この環境では多くの顧客のために我々が損をすることになるからだ」と述べた。

業界の専門家は一部市場で反発が出る可能性を指摘。コンサルティング会社ピュブリシス・サピエントの金融サービス担当シニアバイスプレジデントのスディープト・ムカジー氏は「ブランドへの信頼を落としたり、顧客離れを引き起こさないよう慎重に実施する必要がある。特に同業が手数料なしでサービスを提供している国ではそうだ」と述べた。

<第3四半期は税前35%減益>

HSBCが27日に発表した第3・四半期決算は、税引き前利益が35%減少した。収入は119億ドルで前年同期から11%減少した。税引き前利益は31億ドルとなり、前年同期の48億ドルから35%減少した。ただ、同行が集計したアナリスト予想の平均の20億7000万ドルは上回った。

証券会社グッドボディのアナリスト、ジョン・クロニン氏は「減損処理の見通しは依然かなり不透明なものの、第3・四半期決算は総じて良好で、戦略見通しに関する発言も心強い印象だった」と述べた。

HSBCは、貸倒損失について、今年先に示した80億─130億ドルのレンジの下限になると予想。

「最新のガイダンスは、新型コロナウイルスや地政学上の状況を巡る不透明感に引き続きさらされているが、現在の経済見通しがさらに大幅に悪化する可能性が低いことを前提にしている」とした。

スティーブンソンCFOは投資家との電話会議で「与信に関する想定が改善する兆しがある。企業は政府の支援措置で一定の猶予を得たようだ」と述べた。

<米国中心にリストラ強化も>

収入増への選択肢が限られる中、HSBCは世界的にコスト削減に取り組んでおり、6月にはコロナ流行を受けて延期していた約3万5000人の削減計画を再開している。

スティーブンソンCFOはロイターに、今のところ追加の人員削減は計画していないが、事業モデルの転換を進めるに伴い、必要になる可能性もあると述べた。

HSBCは27日、年間費用を2022年までに310億ドル以下に圧縮するとし、2月に示した目標よりも大幅な経費削減を目指す姿勢を示した。2019年の営業費用は423億ドルだった。

また、規模の大きい米銀との競争で苦戦を強いられている米国事業について、来年2月の通年決算発表時に最新情報を公表する意向を示した。

アナリストや一部の投資家は以前からHSBCに対し、米国のリテール事業を完全に売却することを強く求めている。同行は今年、米国内の支店網を削減する方針を明らかにした。

また当局の要請で停止している配当について、2月に修正した配当方針を説明する予定。

アナリストや投資家は、HSBCが長期的に配当を減らしていくのではないかと懸念している。

スティーブンソンCFOは投資家との電話会議で「配当を再開する際は、保守的に始める見通しだ」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、来年の石油供給方針で妥協に近づく=

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、10月は増加 コロナでネット販

ワールド

米政府、中国共産党党員のビザ規制厳格化=NYT

ビジネス

英サービス部門PMI、11月は47.6に低下 速報

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!