ニュース速報

ビジネス

コロナ第2波なら回復頓挫、危機対応を継続=FRB議長

2020年05月30日(土)05時49分

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は29日、種々の政策手段を活用しなから新型コロナウイルス禍で打撃を受けた経済への下支えを継続すると強調した。3月撮影(2020年 ロイター/)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は29日、種々の政策手段を活用しなから新型コロナウイルス禍で打撃を受けた経済への下支えを継続すると強調した。一方で、新型コロナの感染第2波は経済回復の頓挫につながるとの見方を示した。

パウエル議長はウェブキャストのイベントで「第2波が来れば国民の信頼を損ない、回復は大幅に長期化、弱体化するだろう」と指摘。「われわれはもちろん引き続き対応していく。限界には近づいていないが、第2波が信頼を損なうことを懸念している」と述べた。

FRBはすでに11の新型コロナ対策を発表済みで、そのうち2つの対策を除き全て実行されている。パウエル議長は中小企業向け「メインストリート融資制度」での「最初の融資が実行されるまであと数日」としたほか、州や郡、大都市向けの融資制度も数週間で始まるとした。

メインストリート融資制度については、従業員が1万5000人以下、売上高50億ドル以下の中小企業を対象としてるが、これらの条件が緩和される可能性があると指摘。

また緊急災害融資や給与保護プログラム(PPP)からの融資を受けていても、メインストリート融資制度による融資の申請は可能とした。ただ、社債を購入するプライマリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(PMCCF)に参加している場合はメインストリート融資制度を活用できないという。

市場では大規模な債券買い入れプログラムの再開可能性やその時期、買い入れ期間などが注目されているが、これに関するパウエル議長の発言はなかった。6月9─10日の米連邦公開市場委員会(FOMC)までパウエル議長の公での発言は予定されていない。

パウエル議長はFRBによる新型コロナ対策の限界はほとんどないとし、「かつて目にしたことのない自然の緊急事態」に直面する中、「われわれは過去に越えることのなかった多くの一線を越えた。現在はそうすべき状況であると真に理解している」と語った。

一方で「バランスシートはもちろん恒久的に拡大することはできない」とも言及。「現在の立ち位置と軌道に満足しており、インフレや金融の安定性に関するリスクは見られない」とした。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

マレーシア議会、議長解任を僅差で可決 事実上の首相

ワールド

ポーランド大統領選、保守現職ドゥダ氏が勝利 EUと

ワールド

米留学生ビザ制限、59大学がハーバードとMITの政

ワールド

EU排出権価格が14年ぶり高値、天候やテクニカル要

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

  • 4

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 8

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 9

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 10

    日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!