ニュース速報

ビジネス

カナダ中銀、政策金利1.50%に引き上げ 追加利上げも示唆

2018年07月12日(木)03時46分

7月11日、カナダ銀行(中銀)は政策金利を予想通り1.25%から1.50%に引き上げた。写真は2011年9月、オタワの中銀前で撮影(2018年 ロイター/Chris Wattie)

[オタワ 11日 ロイター] - カナダ銀行(中銀)は11日、政策金利を予想通り1.25%から1.50%に引き上げた。段階的な追加利上げが正当化されるとの見解を示したが、貿易摩擦の高まりが投資や輸出に予想以上の影響を与える恐れがあると警告した。

利上げは今年1月以来で、昨年7月に始まった利上げサイクルでは4度目となる。声明では、貿易リスクを巡り比較的楽観的な見方を示したことから、カナダドルは約4週間ぶり高値に上昇。エコノミストは、年内に追加利上げを想定しているとの見方を示した。

中銀は、米国との報復関税の応酬が産業や雇用の調整をやや難しくしているものの、関税が成長やインフレに与える影響は大きくないとの見方を示した。

今回の声明では、今後の利上げに関する従来の文言が微調整された。指標に沿って段階的なアプローチを取る一方で、利上げに対する経済の調整、生産能力の動向、賃金圧力のほか、「貿易措置への企業や消費者の対応」を監視するとした。

ポロズ総裁は記者会見で、通商問題を切り離して考えることは難しかったとしながらも、カナダ経済がエンジン全開となるなか、見通しに対する確信が高まっていることを踏まえ、利上げを決定したと説明。「通商問題に討議の大きな部分を割いたが、初期の段階で通商問題が討議の基盤にはならないことで意見が一致した」と述べた。

同総裁はまた、今回の利上げは市場でおおむね予想されており、中銀のメッセージの市場での受け止められ方にも満足しているとも表明。中銀は昨年9月に利上げを決定した際、市場との対話が十分でなかったとして批判されていた。

中銀が通商問題について比較的明るい見通しを示したことで、外国為替市場でカナダドルは約4週間ぶりの高値を付けた。

ドミニオン・レンディング・センターの首席エコノミスト、シェリー・クーパー氏は「今回の利上げは、中銀が主要政策金利を正常な水準に戻すことを固く決意していること、また、一段の利上げに耐えられるほどに経済は堅調であることを示している」と指摘。

BMOキャピタルマーケッツの首席エコノミスト、ダグ・ポーター氏は「一見したところ、予想よりもやや楽観的でタカ派な印象を受けた。通商面で多少の懸念があることもうかがわれる。全般的には前進かつ上向きの姿勢が見受けられることから、これで年内利上げ打ち止めとはならないだろう」と述べた。

経済成長率見通しは、予想より強い米経済を背景に第2・四半期が2.8%と、前回4月時点の2.5%から上方修正した。一方、第3・四半期は1.5%への鈍化を見込む。向こう2年間の成長率は平均で約2%とした。

インフレ見通しは今後2.5%程度に上昇し、来年後半までに2%に鈍化するとした。賃金の伸びは約2.3%で推移しているが、スラック(需給の緩み)のない労働市場の下で想定される水準には到達していないとした。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国、米大使呼び厳重抗議 ロシア兵器購入巡る制裁で

ワールド

合意なきブレグジット、独労働市場への影響は限定的─

ワールド

モルディブ大統領選、野党候補が勝利宣言 中国重視の

ワールド

OPECと非加盟産油国、増産見送り トランプ氏の要

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    米関税免除の成功に沸いた韓国鉄鋼界 代償の割り当て枠で苦境、日本と明暗

  • 2

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが電撃退任

  • 3

    中国婚活ブームの意外な仕掛け人は共産党

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    北方領土をめぐって交錯する日本とロシアの思惑

  • 6

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 7

    沖縄県知事選挙に吹く、新しい風

  • 8

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!