ニュース速報

ビジネス

国税庁がユニバーサルを調査、カジノ計画の資金の流れで=関係筋

2015年03月20日(金)16時16分

 3月20日、国税庁が、パチスロ機大手ユニバーサルエンターテインメントのカジノ計画に関連する資金の流れを含む税務処理について、調査を始めたことがわかった。写真はロゴ、東京都内の本社で2013年2月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京/ビロクシ(米ミシシッピ州) 20日 ロイター] - 国税庁が、パチスロ機大手ユニバーサルエンターテインメント <6425.T>のカジノ計画に関連する資金の流れを含む税務処理について、調査を始めたことがわかった。

同社をめぐっては、フィリピンでのカジノ計画に関して4000万ドルの資金が2010年に流出し、計画の便宜供与を狙った賄賂に使われたのではとの疑惑が浮上している。

複数の関係筋がロイターに明らかにした。

国税庁の調査とは別に、香港の反汚職当局であるICAC(廉政公署)も4000万ドルの資金の流れについて調査を行っている。複数の関係筋によると、ICACは、資金が香港の銀行口座を経由した取引だったことから、調査に着手することになった。

ユニバーサルは18日、米子会社のアルゼUSAが、「米司法省による同疑惑に関連すると推察される捜査」を受けていることを明らかにしていた。ただ、大陪審からの召喚状がいつだったかなどは明らかにしていない。発表文の中で同社は、「公平かつ適正な捜査が行われる限り、もとより証拠を欠くことが再々確認され、捜査が終結するものと考えている」と述べている。

ロイターが複数の捜査関係者に取材したところ、米連邦捜査局(FBI)は、アルゼUSAの銀行口座から複数の別口座を介し、当時フィリピンのゲーム規制当局のトップの側近で、カジノ計画のコンサルタント、ロドルフォ・ソリアーノ氏に2010年に流れた資金について、贈賄を禁止する米規制に抵触するかについて調べを進めている。

FBIの捜査は2012年から始まっており、この過去数カ月の間にも関係者との捜査を継続し、証拠を収集中だ。

資金の流れのほかFBIは、ユニバーサルエンターテインメントの代理人を務める弁護士が2013年7月に、贈賄疑惑を指摘した同社元社員に対し、捜査当局への協力をやめれば一定の対価を支払うなどとする民事訴訟の和解案を提示したことが、司法妨害や証人買収にあたるか否かについても調べている。

ロイターの取材によると、和解案はユニバーサルの代理人弁護士から、同社元社員の代理人弁護士に提示されていた。ユニバーサルの代理人弁護士は、元社員が和解条件を受け入れれば、同氏に対する民事訴訟を取り下げ、「一定の対価を支払う」としていた。

一方、複数の関係筋によると、国税庁によるユニバーサルの税務調査は2014年から始まり、今週も都内の同社本社で行われている。税務調査の範囲がどの程度のものか詳細は明らかになっていない。

ユニバーサルは、4000万ドルの資金の流出は、複数の同社元社員によるものだと主張している。同社の第三者委員会が設置され、資金流出問題について調査が行われた結果、同委は賄賂の証拠は認められなかったとの報告書を出した。

ただ、同時に、社内の企業統治(ガバナンス)に問題があったとも指摘。その後ユニバーサルは、送金された4000万ドルのうち、1000万ドルについて不適切な会計処理が行なわれた可能性が高いとの第三者委の指摘をふまえ、12年10─12月期の四半期報告書で会計処理を訂正するなどの対応を行っている。

一連の調査、捜査について、香港のICACは、個別事案についてコメントはしないとしている。米FBIはコメントを差し控えた。

国税庁の広報担当者は「個別の案件について答えられない」と述べた。ユニバーサルの広報担当者はコメントをしていない。

フィリピンの捜査当局も贈賄の疑いで調べを進めたが、調査を停止している。ロイターはソリアーノ氏にコメントを求めたが得られていない。

<ミシシッピ州は条件付きで免許を認可>

一方、米ミシシッピ州では19日、賭博管理委員会が開催され、岡田会長も出席した。同委は岡田氏に対するミシシッピ州での「適合性」審査を更新したほか、スロット・マシン販売を営むユニバーサルの米子会社、アルゼ・ゲーミング・アメリカの販売免許も認可した。

ただ、ユニバーサルのフィリピンにおけるカジノ計画に関し、贈賄を禁止する米規制に抵触するかについてFBIが進めている捜査で、同氏が責任を問われないことが条件となる。

岡田氏が米国で公の場に姿を現したのは、FBIの捜査が始まって以来、初めて。

岡田氏は同委で発言の機会を与えられた際、「最近いろいろな疑惑というような言葉で報道されたり、ロイターとか朝日新聞とか、特にこういったところでの報道が大変な誤解を受け、私自身が悪人であるかのように報じられている」と語った。

米ミシシッピ州賭博管理委員会のアレン・ゴッドフレー氏は同委の後、ロイターに対し、FBIが調べを進めている内容は「懸念すべき事項だが、確かなことが分からない限り、私は何もできない」と語った。

ユニバーサルは12年12月、4000万ドルの使途不明な資金送金について報道したロイターと同社記者、編集者を相手取り損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こしている。ロイターは、会社として報道内容を支持するとコメントしている。

(ネイサン・レイン、ケビン・クロリッキ、翻訳編集:江本恵美)

ロイター
Copyright (C) 2015 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

東証で全銘柄の売買を停止、富士通が共同で調査中

ワールド

クウェート、前首長の葬儀は一般非公開で カタール首

ワールド

英で新型コロナ第2波加速、首相が国民に規制遵守求め

ワールド

プラウド・ボーイズは「知らない」、法執行当局に仕事

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!