ニュース速報

原発ゼロ、将来的に考えても現実的ではない=菅原経産相

2019年09月12日(木)17時04分

[東京 12日 ロイター] - 菅原一秀経済産業相は12日、原発ゼロは「将来的に考えても現実的ではない」と述べた。また、日本が行った輸出管理強化を巡って世界貿易機関(WTO)に提訴した韓国との2国間協議に臨むかどうかについては、適切に判断したいと述べた。省内でロイターなど記者の質問に答えた。

菅原経産相はかつて、脱原発を掲げていた。「原発のリスクや恐ろしさはある」としながらも「原発ゼロは、今この瞬間、将来的に考えても現実的ではない」と述べた。

そのうえで「今の原子力規制委員会の新規制基準は世界一厳しいと評価されている。そこに合致した場合、判断を尊重して、地元の理解を得ながら再稼動を進めるのが政府の一貫した考え」と述べた。

エネルギー政策としては「再生可能エネルギーや天然ガス、水素、化石燃料や原発などいろいろなエネルギーのベストミックスを求めていかなければならない」とした。

日本が行った半導体材料3品目の輸出管理強化を巡り、韓国は、世界貿易機関(WTO)に提訴した。要請があった2国間協議については「その場に臨むかどうか、適切に判断していく」述べるにとどめた。

日本政府は7月4日、韓国向けの半導体材料3品目の輸出管理を強化し、個別契約ごとに許可が必要とした。日本側は「輸出管理制度の適切な運用に必要な見直し」と説明しているが、韓国側は、日本による輸出管理強化は「政治的動機に基づく」もので「差別的」と指摘している。

菅原経産相は「わが国のスタンスは変わっていない」とし、「大量破壊兵器や通常兵器につながるような安全保障上の問題はあってはならない。技術の移転や貿易を適切に管理するという意味では、WTO協定と極めて整合的。今後ともことあるごとに発信していきたい」と述べた。さらには、現在の日韓関係が厳しいとの認識はあるものの、韓国側には「引き続き、強く、適切な対応を求めていきたい」とした。

関東を直撃した台風15号により、12日午後4時時点で31万5300戸の停電が続いている。東京電力ホールディングス<9501.T>によると、全面復旧は13日以降になるという。

「ここ数年の気候変動は想定外。想像を絶するような事態が起きている」とし、電柱や鉄塔などがそれに耐え得るかは「検証を電力会社に促していきたい」とした。

菅原経産相は1962年生まれ、57歳。2003年に衆議院初当選し、12年に経産副大臣、14年に財務副大臣を務めた。今回、初入閣となる。

(清水律子 編集:内田慎一)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

郵船の今期営業利益予想は87.1%減益、4-6月期

ワールド

インド、国内線の運航再開へ コロナの新規感染者は過

ワールド

中国本土のコロナ新規感染者は11人、前日から増加

ビジネス

アングル:市場にコロナバブルの声、実体経済と乖離 

MAGAZINE

特集:コロナ特効薬を探せ

2020-5・26号(5/19発売)

新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 10

    「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」と…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!