ニュース速報

イタリア19年予算、長期成長押し上げられず 欧州委が指摘=国内紙

2019年02月22日(金)03時27分

[ミラノ 21日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会はイタリアに関する報告書で、同国の2019年予算には経済成長の押し上げにつながる措置は含まれておらず、イタリアはユーロ圏全体に対する「波及リスク」になるとの見解を示した。イタリアのレプブリカ紙が21日、報じた。

欧州委は報告書を来週27日に承認する見通し。レプブリカ紙によると、欧州委は報告書の中で、19年予算について「長期的な成長にプラスの影響を及ぼす措置は含まれていない」とし、経済成長、財政赤字、公的債務に悪影響が及ぶとの見方を示している。

欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務・税制担当)はこの報道について直接コメントすることは避けたものの、欧州委がイタリア当局と5月に協議を行う予定であることを明らかにした。

イタリアの18年第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.2%減。第3・四半期の0.1%減に続き2四半期連続のマイナス成長となったことで、定義上の景気後退(リセッション)に陥った。[nL3N1ZV462]欧州委は今年の成長率が0.2%にとどまるとし、昨年11月に示した見通しの1.2%から下方修正している。

イタリア政府は昨年12月、今年の財政赤字の対国内総生産(GDP)比率を2.04%にすると欧州委に確約しているが、景気減速により達成が困難になる恐れがある。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング