コラム

中国人は独裁者好きだが...プーチンにあって、習近平に「決定的にない」ものとは?

2023年04月22日(土)20時00分
プーチン大統領と習近平国家主席

プーチン大統領と習近平国家主席(2022年9月) Sputnik/Sergey Bobylev/Pool via REUTERS

<中国専門家の石平氏はインタビューで、習近平は中国人がリーダーに求める重要な資質を「決定的に欠いている」と述べた>

1989年6月4日の天安門事件をきっかけに、中国人であることを捨てたと述べる中国専門家の石平(せき・へい)氏。現在は日本を拠点に、作家として執筆活動を行っている。そんな石平氏に現在の中国情勢を聞くべく、先日、インタビューを行った。

■【動画】中国人はなぜ、毛沢東やプーチンといった独裁者を好み、崇拝するのか?

インタビューでは、中国を率いる習近平国家主席についての話になった。石平氏が言うには、習近平国家主席については「独裁者」であり、「中国人は(毛沢東もそうだったが)独裁者は嫌いではない」と言う。そして、14億人の運命を支配するには、独裁的なリーダーが必要であるという側面もあると言及する。

独裁者の特徴としては、古くからの知り合いや家族を側近として徴用する傾向があるように思うが、確かに習近平は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領や北朝鮮の金正恩総書記と同じく、古くからの仲間を側近に置いている。劉鶴副首相は習近平と高校の同級生で、中央軍事委員会副主席の張又侠も小学生からの親友。中国共産党の中央組織部長である陳希は学生時代のルームメートで、中国共産党の人事を握っているという。

プーチンも元KGB(ソ連国家保安委員会)のスパイ時代からの仲間たちを側近として使っている。金正恩は「金王朝」を維持すべく血族を重要ポストに置いている。

習近平が独裁者であるという指摘について、香港を中国に返還した際に最後の総督だったイギリス人のクリス・パッテン元総督は、中国がイギリスとの国際的な約束を破って香港国家安全法を制定させた際に、中国が世界から批判されているのは習近平の責任であり、「習近平はこれまでとは違う独裁者だ」と指摘している。

独裁者として習近平に「決定的に欠けている」もの

その一方で、石平氏は習近平について、「決定的な欠如がある独裁者」であるとインタビューで述べている。その欠如とは、「カリスマ性」だという。そして中国人はリーダーにそのカリスマ性を期待しており、実はロシアのプーチン大統領が中国人の間で人気になっているという。

そして習近平が、そんなプーチンを意識しているかどうかはわからないが、自分にないカリスマ性を見せるために、「台湾」を使う可能性があるのではないか──。

「2049年までに世界の覇権を目指す」という習近平の現在地や、中国経済の実態、そして中国に帰国して石平氏を「論破した!」と日本叩きを続ける元日本在住・中国人ビジネスマンなどについて、石平氏にゆっくりと語ってもらった。

「スパイチャンネル~山田敏弘」の「石平さんと対談①独裁者好きな中国国民でも習近平は無理」をご覧いただきたいと思う。

プロフィール

山田敏弘

国際情勢アナリスト、国際ジャーナリスト、日本大学客員研究員。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版、MIT(マサチューセッツ工科大学)フルブライトフェローを経てフリーに。クーリエ・ジャポンITメディア・ビジネスオンライン、ニューズウィーク日本版、Forbes JAPANなどのサイトでコラム連載中。著書に『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』、『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』、『CIAスパイ養成官』、『サイバー戦争の今』、『世界のスパイから喰いモノにされる日本』、『死体格差 異状死17万人の衝撃』。最新刊は『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』。
twitter.com/yamadajour
YouTube「スパイチャンネル」
筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア追加動員計画せず、国防相「今年33.5万人が

ビジネス

英中銀、保険会社への新たなストレステストを25年に

ワールド

ノーベル物理学賞にアゴスティーニ氏ら3氏、「アト秒

ビジネス

世銀、スリランカの成長率予想を上方修正 24年は+

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2023年の大谷翔平

特集:2023年の大谷翔平

2023年10月10日/2023年10月17日号(10/ 3発売)

WBCは劇的優勝、ケガで無念の離脱、そして日本人初本塁打王へ。激動の大谷イヤーを現地発の記事と写真で振り返る

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

  • 2

    メドベージェフが発した核より現実的で恐しい戦線拡大の脅し

  • 3

    複数のドローンがロシア西部「ミサイル工場」を攻撃、その閃光と爆音を捉えた映像

  • 4

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 5

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

  • 6

    新型コロナ「万能ワクチン」が開発される 将来の変…

  • 7

    ロシア軍スホーイ戦闘機など4機ほぼ同時に「撃墜」され…

  • 8

    台湾初「国産潜水艦」がついに進水...中国への抑止力…

  • 9

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 10

    「普通の男子高校生の方がうまい」 大学アメフトの試…

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

  • 3

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 4

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

  • 5

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 6

    エリザベス女王も大絶賛した、キャサリン妃の「美髪…

  • 7

    ワグネル傭兵が搭乗か? マリの空港で大型輸送機が…

  • 8

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 9

    ロシア黒海艦隊、ウクライナ無人艇の攻撃で相次ぐ被…

  • 10

    ロシア軍スホーイ戦闘機など4機ほぼ同時に「撃墜」され…

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 3

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 4

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・ト…

  • 5

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 6

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 7

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部…

  • 8

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 9

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 10

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story