最新記事
台湾

台湾を威嚇する中国になぜかべったり、国民党は共産党の「トロイの木馬」

A CHINESE TROJAN HORSE

2024年5月25日(土)16時53分
練乙錚(リアン・イーゼン、経済学者)
台湾

09年に北京を訪れた親中派の連戦(中央) ANDY WONGーPOOL/GETTY IMAGES

<台湾で民進党の頼清徳新総統が就任した途端、中国軍が周辺海域の軍事演習で威嚇を始めた。立法院で多数派の国民党・民衆党が強引に進める「改革法案」への反対デモも早速起きたが、そもそも「中国人ではない」台湾人有権者はなぜ国民党に投票するのか>

中国の積極的な膨張主義に直面し、アメリカは中国が対米防衛線とする第1列島線に沿って軍備を強化する「島嶼防衛」戦略を復活させている。中国が挑発する小競り合いは列島線のあちこちで起きているが、総攻撃の標的になるグラウンド・ゼロは台湾だ。台湾は地理的な中心であると同時に、鎖の中で最も弱い部分でもある。

台湾は1949年に蒋介石が中国共産党との内戦に敗れてこの島国に逃れて以降、ファシストの中国国民党(国民党)による一党支配が続いた。しかし、88年に党主席の李登輝が台湾生まれの「本省人」として初めて総統に就任すると、90年代以降は活気ある民主主義国家へと発展した。

国民党の熱心な支持基盤はこれに反発し、総統退任後に李を除名した。とはいえ、国民党の選挙の戦績はさほど悪くない。支えているのは中国から渡ってきた100万人以上の「外省人」とその子孫。彼らは台湾を故郷と見なさず、いつの日か「自分たちの中国」を取り戻すつもりだ。それがどんなに遠い未来でも、どんなに可能性が低くても。

しかし、その可能性がますます低くなるにつれて、国民党は蒋介石にさかのぼる激しい反共産主義から、戦略的な親中国共産党路線に舵を切った。

最初の変化は、李が除名された後、中国大陸ではなく台湾を本土と見なす「本土派」の大半が離党したことだ。75年に父・蒋介石から国民党を引き継いだ蒋経国はナショナリズムの台頭を目の当たりにし、よそから来た植民地主義は持続不可能だと見越し、李や蔡英文など台湾人の両親を持つ本省人を将来の指導者として育成した。

2000年に民主進歩党(民進党)が初めて政権交代を実現し、08年に国民党が政権を奪還。16年まで総統を務めた馬英九は中国人の両親を持つ外省人で、台湾の運命より自分の中国人としてのアイデンティティーを大切にする。馬の時代に中国は台湾で浸透工作の土台を築いた。

ただし、国民党の多くの政治家は、むしろカネという卑近な理由で親中派になった。1996~2000年に李の下で副総統を務め、李の失脚に貢献した連戦は、中国への投資を熱心に進めた。現在は大富豪として、台湾海峡をまたいで事業を展開している。アメリカの一流大学で博士号を取得した馬や連は、植民地精神の名残りと共産党のカネには勝てないようだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

マレーシア成長率速報、第2四半期+5.8% サービ

ビジネス

MUFG、三毛会長・亀澤社長ら21人処分 顧客情報

ワールド

ゼレンスキー氏、英閣議に出席 長距離攻撃の必要性訴

ビジネス

世界的にシステム障害、米航空は運航停止 問題特定し
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 3
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 4
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 5
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中