最新記事
長距離ミサイル

ハイマースに次ぐウクライナ軍の強い味方、長射程でクラスター弾搭載可能なATACMS

Ukraine's ATACMS Wreak Havoc Deep Behind Russia's Lines

2024年5月28日(火)18時49分
エリー・クック

弾道ミサイルの発射実験を行った北朝鮮に対して、韓国軍が発射したATACMS。いざとなれば北朝鮮の軍事施設を正確に攻撃できるという示威(2022年6月7

<弾薬不足で劣勢に立たされているウクライナ軍だが、アメリカの追加支援パッケージにも入っていたATACMSがロシアの軍事資産の攻撃・破壊に大活躍しているようだ>

ウクライナは、現在の前線よりも遥か先にあるロシアの標的――ロシア軍の部隊や防空システム、軍用機や艦船――を攻撃するために、新たに供与された兵器システムをフル回転で使用している。

【動画】追加支援でウクライナ軍が受け取るATACMS、ストームシャドウ、ハスキーの実力

ウクライナとロシアの情報筋、および公開情報分析OSINT(オープンソース・インテリジェンス)のアナリストらは、ウクライナがこの数週間にロシア軍関連施設に大きな打撃をもたらした攻撃について、アメリカから供与を受けた陸軍戦術ミサイル(ATACMS)を使用したものだと指摘している。

 

ATACMSは前線から遠く離れたところにあるロシアの重要資産を攻撃することができる長距離の強力な兵器として、ウクライナが以前から供与を強く要望していた。

ウクライナ軍は2023年10月にクラスター弾をこめたATACMSを初めて使用し、ウクライナ国内にあるロシア軍の軍事拠点2カ所を攻撃して数多くのヘリコプターを破壊した。また4月24日にはアメリカのジェイク・サリバン国家安全保障問題担当大統領補佐官が、ジョー・バイデン米大統領が2月の時点で「かなりの数のATACMS」をウクライナに供与することを承認していたと明らかにした。ATACMSは、米政府が3月12日に発表したウクライナへの3億ドルの追加支援パッケージにも盛り込まれており、4月下旬の時点で既にウクライナに届いていると述べた。

長射程ATACMSの威力をフル活用

ATACMSはそれまでのミサイルよりも射程距離が長く、ロシアの占領地域の奥深くまで攻撃できる能力がある。ロシア軍がウクライナ東部で進軍を続けるなか、ウクライナ軍は南部クリミアを中心に、前線から離れたロシア軍のジェット機や司令部などの標的に狙いを定めている。

西側の同盟諸国はウクライナに対して、ATACMSはロシア領内ではなく、ウクライナかロシアに奪われた領土でのみ使用するよう警告している。西側の武器でロシアを直接攻撃すると、戦争が他国も巻き込みエスカレートしかねないからだ。

米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は5月24日、ウクライナの国防当局者の発言を引用し、ウクライナ軍がクリミア半島南岸のアルシタ市にあるロシア軍の通信施設をATACMSで攻撃したと報じた。

クリミア半島への攻撃にはこれまでも何度かATACMSが使用されたとされている。ウォール・ストリート・ジャーナルはウクライナの当局者から得た情報として、ウクライナ軍が4月にクリミアにあるロシア空軍の基地をATACMSで攻撃し、ミサイル発射装置や先進防空システムのレーダーなどを破壊したと報じた。

インターネット上でも、ウクライナ軍がATACMSを使用してロシア占領下にあるクリミア半島セバストポリ近郊にあるベルベク飛行場を攻撃した後の様子を捉えたとされる衛星画像が広く共有されている。この画像からは、ウクライナ軍が複数の航空機を損傷または破壊するのに成功したことが伺える。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

植田日銀総裁が18日午前10時から参院財金委出席、

ビジネス

中国・上海市、テスラ完全自動運転車の試験走行を許可

ビジネス

日経平均は反落で寄り付く、600円超の下げ リスク

ワールド

中国首相、豪首相ときょう会談へ 16日は動物園とワ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中