最新記事
セレブ

「愚かな錆びたタンク...」キム・カーダシアンの新車に批判殺到...奇抜デザインが仇となり

Kim Kardashian Slammed Over New Vehicle: 'Disgusting'

2024年2月24日(土)18時00分
ソフィー・ロイド
キム・カーダシアン kimkardashian-Instagram

キム・カーダシアン kimkardashian-Instagram

<ネット上には「1年以内に捨てるだろう」という批判の声も>

キム・カーダシアンの新車がネット上で注目を集め、批判の的となっている。彼女は火曜日に自身のInstagramストーリーズに新車の写真を投稿。キャプション欄には「クールなカープールママ」と書かれている。

【画像】「愚かな錆びたタンク...」キム・カーダシアンの新車に批判殺到...奇抜デザインが仇となり

カーダシアンが乗っていたのはテスラのCYBERTRUCK。弾丸を防ぐことができるとうたわれ、角ばったデザインが特徴的だ。テスラのCEO、イーロン・マスクによって2019年11月に発表されたこの電気自動車は、初日から「魅力」と「嘲笑」の対象となっている。

その珍しいデザインはバック・トゥ・ザ・フューチャーで有名になった1980年代の象徴的な車、デロリアン・DMC-12と比較された。テスラのファンはそのSF風のデザインを愛しているが、他の人々にはその魅力が理解されなかったようだ。

ネット上には「彼女は1年以内にCYBERTRUCKを捨てるだろう」「この一家全員が嫌い」「愚かな錆びたタンク」と言った批判が。だが一方で「クールな車を持つクールなガール」「テスラはすべてを与えてくれる」といった擁護の声も上がっている。

カーダシアンがCYBERTRUCKを贈られたのか、それとも自分で購入したのかは不明である。本誌はコメントを求めてカーダシアンとテスラにメールで連絡を取った。

202404300507issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が愛した日本アニメ30」特集。ジブリのほか、『鬼滅の刃』『AKIRA』『ドラゴンボール』『千年女優』『君の名は。』……[PLUS]北米を席巻する日本マンガ

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国当局、地方政府オフショア債への投資を調査=関係

ビジネス

TikTok米事業継続望む、新オーナーの下で=有力

ワールド

トランプ前米大統領、ドル高円安「大惨事だ」 現政権

ビジネス

米ペプシコの第1四半期決算、海外需要堅調で予想上回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 6

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 7

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 8

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中