最新記事
米社会

クリスマスツリーをよく見ると「数百匹の虫」がモゾモゾ...本物の木を飾っていた女性が「恐怖映像」を公開

Warning as Woman's Real Christmas Tree Hatched 'a Million Friends'

2023年12月3日(日)07時30分
アリス・ギブス
クリスマスツリー

Krakenimages.com/Shutterstock

<クリスマスツリーと一緒に森からやってきた「招かれざる客」たちが、木からあふれ出して床一面を這いまわる恐怖の体験>

そろそろクリスマスの飾り付けを引っ張り出し、ホリデーシーズンのお祭り気分が盛り上がってきた人も多いことだろう。しかしそんな中、アメリカのある女性が、楽しいクリスマス気分を吹き飛ばすような「恐怖のクリスマスツリー動画」をネットに投稿し、注目を集めている。

■【動画】クリスマスツリーをよく見ると「数百匹の虫」がモゾモゾ...本物の木を飾っていた女性が「恐怖映像」を公開

米国オレゴン州に住むアンドレア・カワードは11月下旬、TikTokに1本の動画を投稿した。それは、本物の木を切って部屋に運び込んだクリスマスツリーを撮影したものだが、そこには数えきれないほど大量のカマキリが群がっている。木に産み付けられた卵が孵化し、大量のカマキリが生まれてきたようだ。

動画の字幕には、「私たちのクリスマスツリーから無数のお友達が生まれてきた。本物の木にご用心」と書かれている。

これは、カワードの家庭で2018年に起きた出来事だという。カワードは本誌の取材に対し、「最初にこの木を持ち込んだとき、卵鞘(らんしょう)を1つ発見した」と話している。「その卵鞘が付いた枝は切り落として、家の外に置いた。それから約2週間半後、実はもう1つ隠れていた卵鞘の中から、カマキリの赤ん坊たちが現れた」

「少なくとも数百匹はいたと思う」とカワードは振り返る。「夫が掃除機で吸い始めた。彼らは床一面を這いまわっていた」

家の中はカマキリが孵化するのに最適な環境

本物の木のクリスマスツリーにカマキリの卵鞘が付いているのは珍しいことではない。カマキリは、さまざまな植物に卵を産み付けることで知られている。

暖かい家は、カマキリが孵化するのに最適な場所であり、結果として、カマキリが大発生することになった。カマキリの卵鞘は、卵嚢(らんのう)とも呼ばれ、200個の卵が入っていることもある。つまり、家で孵化されてしまうと大変な事態を引き起こすのだ。

カワードの投稿には、次のようなコメントが寄せられた。「昔、隣人にも同じことが起きた。彼らは、2階のベランダから木を放り投げていた」「新鮮なモミの香りを楽しむ代償がこれなら、やっぱりごめんだ」

では、クリスマスツリーを、昆虫ファミリーの新しい住処にしないためにはどうすればよいのだろう?

対策は、切り落とす木を選ぶところから始まる。まずは木を隅々まで調べ、カマキリ、マイマイガ、ミノムシなどの卵塊は取り除かなければならない。さらに念を入れて木を揺すれば、招かれざる「ヒッチハイカー」たちが、室内に上がり込むのを防ぐことができる。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足

ビジネス

マイナス金利解除4月は時期尚早、中小賃上げ見極め必

ビジネス

中国企業、IPO計画中止相次ぐ 規制強化で

ワールド

焦点:希望見えないウクライナ難民、ホームレス化する
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中