最新記事

南シナ海

横暴中国、バリアーを張って南シナ海のフィリピン漁船を物理的に排除

China's 'Floating Barrier' Sparks Fury From Philippines

2023年9月25日(月)15時17分
アンドリュー・スタントン

海も魚も独り占め?フィリピン漁船の操業を阻む中国のバリアー INQUIRER.net/YouTube

<誰も中国のものとは認めていない海で、ますます強引になる中国の追い出し手法>

【動画】韓国海警、違法操業の中国漁船に初の機関銃700発使用

フィリピン沿岸警備隊は9月24日、中国と領有権を争っている南シナ海の海域で、中国が水に浮く球体を並べた「浮遊障壁」を設置した、と激しく非難した。

フィリピン沿岸警備隊のジェイ・タリエラ報道官は23日夕方、X(元ツイッター)で、南シナ海のスカボロー礁近くで長さ300メートルの浮遊障壁を発見したと明らかにした。スカボロー礁はフィリピンのルソン島西部にあるサンバレス州から約200キロメートル離れた沖合にある岩で、中国とフィリピンの双方が領有権を主張しているが、2012年以降、中国が実効支配している。

この浮遊障壁のせいでフィリピンの漁船がスカボロー礁の周辺海域に「入ることができず、漁ができずにいる」、と、フィリピン政府は障壁の設置を「強く非難」する、とタリエラ報道官は続けた。

南シナ海の90%の管轄権を主張する中国とフィリピンの間の緊張は高まっている。

フィリピン漁船への妨害行為か

タリエラ報道官によれば、浮遊障壁を発見したのは、沿岸警備隊と漁業水産資源局(BFAR)の通常のパトロール中だったという。この海域で操業するフィリピンの漁業関係者によると、中国は多くのフィリピン漁船を見つけるたびにこの浮遊障壁を設置する。

タリエラによれば、BFARがパトロールと並行して漁民に食料や燃料を支給していたときも、中国海警局の船が4隻現れ、この海域にフィリピンの船がいるのは国際法違反だとして、無線で退去を求めてきたことがある。

ロイター通信によれば、この数日前にフィリピンは、南シナ海の排他的経済水域(EEZ)内のサンゴ礁を破壊していると中国を非難したばかり。豊かだったサンゴ礁を破壊して白化を招いたとしてフィリピン政府は法的措置を取る意向を示している。だが中国は「政治ドラマ」をでっち上げようとしているだけだと一蹴した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

JPモルガン、第1四半期トレーディング収入は最大1

ワールド

ゼレンスキー氏がサウジ訪問、皇太子と和平案など協議

ビジネス

米国株式市場=ほぼ横ばい、主要インフレ指標控え

ビジネス

NY外為市場=ドル/円下落、日本のCPIと米耐久財
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 3

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 10

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中