最新記事

セレブ

米大物政治家の18歳の娘、まさかの「プレイボーイ」のモデルに...大胆なビキニとドレス姿を披露

Kellyanne Conway's Daughter Is Reclaiming Her 'Womanhood' With Playboy Deal

2023年5月28日(日)20時10分
ライアン・スミス
ドナルド・トランプとケリーアン・コンウェイ

大統領選挙でドナルド・トランプの選挙対策本部長を務めて勝利に貢献したケリーアン・コンウェイ(2016年11月) Mike Segar-Reuters

<トランプ前大統領の上級顧問を務めたケリーアン・コンウェイの娘が、プレイボーイのオンライン版で購読ページを開設した>

ドナルド・トランプ前米大統領の上級顧問を務めていたケリーアン・コンウェイは、トランプ政権の「顔」の一人であると同時に、数々のお騒がせ発言でもメディアを賑わせる存在だった。そんな彼女の娘であるクラウディア・コンウェイ(18)もまた、10代にして母親との確執や「反トランプ」的な主張などを世間に訴えることで人々の関心を集めてきた有名人だ。

■【写真】プレイボーイのモデルとしてデビューし、ビキニ姿を披露するクラウディア・コンウェイ

そのクラウディアがこのたび、「プレイボーイ」のモデルとしてデビューした。彼女は4月下旬、プレイボーイのオンライン版で購読ページを開設。公開されているページには、ビキニ姿でポーズをとる彼女の画像が複数掲載されているが、他の写真を見るには5〜99ドルの料金がかかる仕様だ。

プレイボーイの広報担当者は本誌の取材に対し、クラウディアが同サイトに加わったことで、彼女が「自由」と「自主性」、そして「大きな経済的成功」を手に入れたと話した。プレイボーイは2020年に雑誌が休刊し、現在はオンライン版のみとなっている。

クラウディアは5月23日、プレイボーイでのデビューについて「コメントするのは今回だけ」と前置きした上で、Twitterでこう語った。

「メディアに搾取され、餌食にされてきた」

「15~16歳の時、私はメディアに搾取され、餌食にされ、自分を自分ではないものとして表現することを強要された。私の体は私から奪われた。今は若い大人として、自分のやり方で女性らしさとフェミニティを取り戻そうとしている。他の誰のものでもなく、『自分の』やり方で、自分を表現していく。私は自分の身体と声を完全にコントロールできている」

クラウディアはまた、「過去に述べたように、自分の物語を書くこと、そして、かつて不当に奪われたものを取り戻すことが大切だと信じている」と明かした。

これに対して、反トランプで知られる父親のジョージ・コンウェイは、「自主性と自由は誰もが持つべきものだ。自分の弱さを誰かに利用されてはならず、それを取り戻してほしい」とコメントした。

ただSNSでは、「自分をサーカスの見世物にしようとしたメディアに対し、(クラウディアは)自分から進んでサーカスの見世物になることで勝った気になっている。今回の結果は、まさに彼ら(メディア)が望んだ通りのものだ」と指摘した。

ソニーのブラビアが30%オフ【アマゾン タイムセール(9月26日)】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ナゴルノ爆発の死者は65人、105人の所在不明=オ

ビジネス

米国株式市場=大幅反落、金利の高止まり嫌気

ワールド

アゼル大統領、一段の軍事行動ないと確約 米国務長官

ビジネス

NY外為市場=円下落、介入ラインの150円台に迫る

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本化する中国経済

特集:日本化する中国経済

2023年10月 3日号(9/26発売)

バブル崩壊危機/デフレ/通貨安/若者の超氷河期......。失速する中国経済が世界に不況の火種をまき散らす

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    「可愛すぎる」「飼いたくなった」飼い主を探して家中さまよう子ヤギ、その必死さにネット悶絶

  • 3

    西日本最大級のグルメイベント「全肉祭」 徳島県徳島市にて10/20~10/22に第4回開催決定!

  • 4

    中国高官がまた1人忽然と消えた...中国共産党内で何…

  • 5

    「中流階級」が50%以下になったアメリカ...縮小する…

  • 6

    中央アジアでうごめく「ロシア後」の地政学

  • 7

    ゼレンスキー、念願の最強戦車「エイブラムス」がウ…

  • 8

    横暴中国、バリアーを張って南シナ海のフィリピン漁…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    ウクライナが手に入れた英「ストームシャドウ」ミサ…

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    マイクロプラスチック摂取の悪影響、マウス実験で脳への蓄積と「異常行動」が観察される

  • 3

    常識破りのイーロン・マスク、テスラ「ギガキャスト」に「砂」活用し他社引き離す

  • 4

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 5

    これぞ「王室離脱」の結果...米NYで大歓迎された英ウ…

  • 6

    「ケイト効果」は年間1480億円以上...キャサリン妃の…

  • 7

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 8

    J.クルーのサイトをダウンさせた...「メーガン妃ファ…

  • 9

    ロシアに裏切られたもう一つの旧ソ連国アルメニア、…

  • 10

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 1

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 2

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部隊がロシア軍の塹壕に突入

  • 3

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 4

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 5

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 6

    サッカー女子W杯で大健闘のイングランドと、目に余る…

  • 7

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 8

    墜落したプリゴジンの航空機に搭乗...「客室乗務員」…

  • 9

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 10

    ロシア戦闘機との銃撃戦の末、黒海の戦略的な一部を…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中