最新記事

極右組織

ドイツでクーデター未遂を起こした極右テロ組織に、「ロシア関与」の疑いが

How Germany's Far-Right Coup Plot Is Linked to Russia

2022年12月9日(金)20時28分
ブレンダン・コール

警察に連行される極右組織のメンバー(カールスルーエ、12月7日) Heiko Becker-Reuters

<クーデターを計画した極右組織のリーダーは今も一族が城を保有する貴族の家系。組織とロシアとの関係が疑われている>

ドイツで政権転覆を企てたとして極右テロ組織のメンバーら25人が逮捕された問題で、同組織の活動にロシアが関与していた疑いが浮上している。ロシア政府は関係を否定しているが、貴族の家系で一族が現在も城や狩猟用の別邸などを保有している「ハインリッヒ13世」と名乗る男性がリーダーを務めるこの組織は、ロシア側と接触していたとみられている。

■【写真】バート・ローベンシュタインにあるハインリッヒ13世の「居城」

ドイツ当局は12月7日朝、3000人以上を投入して強制捜査を行い、組織のメンバーとみられる25人を逮捕した。逮捕者には、組織のリーダーで「ハインリッヒ13世」を名乗る、71歳の貴族の家系出身の男も含まれている。

当局によると、逮捕されたメンバーらは、リーダーの男を新政府の指導者にすることを計画していた。男はクーデター計画への支持を得るために、ドイツ国内とロシアにおいて、ロシアの代表者と連絡を取ったとされる。

ドイツ連邦検察庁によると、この組織は「ライヒスビュルガー」と呼ばれる極右勢力や「Qアノン」の陰謀論を支持しているという。ライヒスビュルガーは、ドイツの現代の国家体制を否定し、第2次大戦前の国境に従って存在すべきだと主張している。

組織は遅くとも昨年11月までにクーデターを計画し、「ドイツは現在『ディープステート(影の政府)』のメンバーによって統治されていると固く信じている」と検察は説明。組織は、この体制からの解放が米国やロシアを含む「さまざまな国家の政府、情報機関、軍による秘密結社」からなる「同盟」からの介入を約束するものだと考えているという。

「交渉の主な窓口は現在、ロシアである」

新国家秩序について交渉するために暫定的な軍事政権を形成することも計画し、「交渉の主な窓口は現在、ロシアである」と検察庁は明らかにした。

検察庁はまた、逮捕者の中にロシア人の女1人が含まれていると発表した。ドイツの個人情報保護規則に従い「ビタリア・B」と公表されたこの女は、テロ組織とロシア政府高官との接触を仲介した疑いで拘束されたが、接触が成功した「兆候」はなかったという。

過激派について研究するロンドンのシンクタンク「戦略対話研究所」(ISD)の政策・研究担当シニアマネージャー、ヤコブ・グールは、ネオナチやアイデンティタリアン運動など、ドイツに従来から存在する極右勢力は、ロシアへの支持で二分されているとニューズウィークに語った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=反発、FRB議長発言を消化

ビジネス

NY外為市場=ドル全面安、FRB議長タカ派化せず

ワールド

ウォルシュ米労働長官が退任へ、バイデン政権閣僚で初

ビジネス

米インフレ対応に「かなりの時間」、好調な雇用統計受

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月