最新記事

ペット

イヌの寝相には大事な意味がある...それぞれの姿が示す「繊細な心理状況」とは?

The Sleep Talk of Dogs

2022年9月23日(金)17時35分
スー・キム

LTURAY/ISTOCK

<「ドーナツ」は不安、「へそ天」はリラックス、「スーパーマン」は今すぐ起きて遊べるサインなど、それぞれの寝姿には犬の感情と本能が関わっている>

人間と同じで、犬たちもさまざまな寝相で眠る。しかし彼らは、快適な姿勢を取っているだけなのか。それとも、寝相はそれぞれに何か意味があるのだろうか。

犬は1日の半分を睡眠に充てることもある。その寝姿勢は「犬たちに今も残っている野生の頃の習慣を知る手掛かりになる」と、愛犬家団体アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)の獣医務担当最高責任者ジェリー・クラインは本誌に語った。

犬の寝姿勢を決める要因は、いくつもある。安心感や不安感、それに気温などだ。

「私たち愛犬家は、犬が取っている姿勢の意味を知っているつもりでいる」と、AKCの応用動物行動学者メアリー・バーチは言う。「例えば耳を倒し、歯を見せて体をこわばらせていたら、飼い主に『警告』を発している状態。まぬけな笑顔を見せていたら幸せな証拠だ......とか」

だが彼らの心理を表すのは、目覚めているときの姿勢だけではない。犬の一般的な寝姿勢と、その意味をいくつか紹介すると──。

■ドーナツ

バーチによれば、多くの犬が眠りに就くときは、この姿勢だ。体を丸めて四肢をしまい込み、頭も曲げて、一つのドーナツのように丸くなる。不安感に関係しているとみられ、保護されたばかりの犬はこの姿勢をよく取る。

だが、そこには寒さも関わっている。人間と同じように、体を丸めることで体温を逃さないようにしているのだ。

「温める必要がなくなると転がったり、四肢を伸ばしたりする」と、バーチ。クラインによれば「(急所である)おなかを守る姿勢なので、不安の表れとも受け取れる。新しい飼い主にもらわれたばかりの犬、特に成犬は新たな環境に慣れるまでこの姿勢で眠ることが多い」という。

■横向き

横向きで眠っている犬も多い。頭を床に付けて、四肢を投げ出す。この姿勢で居眠りをしていたら、安全と快適さを感じてリラックスしている印だ。「この寝姿勢のときに脚をばたつかせていたら、いい夢を見ている」と、バーチは言う。「夢の中でウサギを追い掛けたり、野原を走り回っているのだと思う」

■へそ天

あおむけになって、おへそを見せているのは、完全にリラックスしていて今の居場所に安らぎを感じている証拠だ。

「外敵を警戒する感覚を持つ動物は、おなかをむき出しにしない」と、バーチ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月