最新記事

ペット

25本の指を使って毛布をこねこねする猫

2022年8月9日(火)19時15分
若道いつき

(写真はイメージです) taniche-iStock

<TikTokユーザーたちは、夢中で毛布をこねる多指症の猫の虜に>

作家アーネスト・ヘミングウェイの愛猫スノーホワイトが多指症だったことはよく知られている。この猫はヘミングウェイが友人の船長からもらったメインクーンで足には6本の指があった。このことから指の多い猫は「ヘミングウェイ・キャット」と呼ばれることもある。

多指症は遺伝子の異常が原因で性別、大小を問わず、どんな品種にも発現する可能性がある。指が多いからといって生活に支障をきたすことはない。

TikTokユーザーの@miloandnala2は先週火曜、多指症の猫ナラが計25本の指を駆使して毛布をこねる映像を公開した。

猫を飼っている人であれば、毛布や枕、あるいは膝の上で足をこねこねさせる姿を見たことがあるはずだ。「ニーディング」と呼ばれるこの行為をめぐる解釈については諸説ある。

有力なのは子猫時代の名残とするもの。生まれたての子猫は母親を刺激することで母乳を求める。この本能的な行動と関係があるとする説だ。成猫が毛布や飼い主をこねこねしたところで母乳は出てこないが、幼い頃の記憶に伴う安心感や心地良さを呼び起こすものだと考えられている。

ナラが夢中でこねこねする姿を記録した今回の投稿は(9日の時点で)15万を超す「いいね」を獲得し、動物好きの多くのユーザーたちを虜にした。

なお、指の数の世界最多記録は28本。2匹の猫がその記録を保持している。

【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

 20221011issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月11日号(10月4日発売)は「超円安時代」特集。急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前。インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

スペインの銀行、景気減速で引当金積み増し必要に=中

ビジネス

台湾の鴻海、第4四半期の売上高見通しを「慎重ながら

ビジネス

PCとモバイル展開強化へ、新たな投資視野に=ソニー

ビジネス

ユーロ圏8月PPI、前年比+43.3% エネルギー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪でマルグレーテ女王への不満

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    トランプ演説の間に途中で帰る人が続出!?の異常事態

  • 8

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 8

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 9

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 10

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月