最新記事

バッグ

ビジネスの用途に合わせて、お気に入りの「フェリージ」を選ぶ。

PR

2017年5月25日(木)16時00分
写真:上野山裕二  構成・文:青木雄介
掲載商品 17/29/EN コニャック
ヨーロッパのアルペンで徹底管理された仔牛の革に、特別なクロムなめしが施された柔らかい表革。このコニャックカラーのトートバッグは高級感ある革素材をぜいたくに使用した、フェリージ2017年の目玉となる新作だ。収納力に優れ、持ち運びに便利なトートバッグは、ビジネスシーンにおいてトレンドと言えるだろう。サイズ:W43×H32×D18センチ トートバッグ¥149,040

<ビジネスシーンで相手に信頼感と存在感、そして自分らしさを印象づけるバッグの条件とは? 第一線で活躍するクリエイティブディレクターでもある、morr(株)代表取締役の野坂哲史さんに話を聞いた>

このトートは、荷物の多いクリエイティブ系の職種に最高です。

28歳にして4つの会社の要職につき、テレビ番組のプロデュースやWEBコンテンツのクリエイティブディレクションもこなす多忙なビジネスライフを送っている野坂哲史さん。バッグを20点ほど持っているという彼は、トートバッグの愛用者でもある。「私は荷物が多い方なのでこれぐらい大きい方がちょうどいい。だいたい一眼レフのカメラを持ち歩いているので、他の荷物とも合わせて安心して入れられます。しっかり作られているし、私のようなクリエイティブ系の職種にとっては最高のトートだと思います」

クラッチバッグ(大)

掲載商品 1304/EN ブラック
前段のトートバッグと同じ素材を使用したクラッチバッグ。独特の型押し加工により傷がつきにくく、色落ちもしにくい。それでいて時間の経過とともに、使い込むほどに味わいが楽しめる。サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ(大)¥84,240

このトートと同じ素材を使用したシリーズにクラッチバッグもある。世界でも有名な名門タンナーによるカーフレザーを使用した表革に、裏地は柔らかなピッグスエードを使用したラグジュアリーライン。自他ともに認める革好きの野坂さんも、思わず目を細める。「革が好きですね。経年変化も含めて。フォーマルな場ではスマートなバッグを選ぶようにしています。レセプションパーティなどが多いので、そういうときは、クラッチバッグを使っていますね。幼少のころから使っている〝何でもポーチ〟というのがあるのですが、名刺入れとかコンタクトケースとか、そこにいろいろ入れて毎日、持ち歩いています。このクラッチなら、そんな日常品が手軽に持ち歩けていいですね」

ブラックのトートバッグ

掲載商品 17/29/EN ブラック
コニャックと色違いのブラックのトートバッグ。底鋲付きで自立し、内側にはファスナーポケットも付いている。大きいサイズなので普段からの使用はもちろん、急な出張などビジネスシーンでのあらゆる場面で重宝するはずだ。フェリージとしては珍しい、小さくあしらったロゴも瀟洒な印象を残す。サイズ:W43×H32×D18センチ トートバッグ¥149,040


ブラックのバッグとコインケース

掲載商品 全てブラック 右回りに、クラッチバッグ<大>:1304/EN  クラッチバッグ<小>:1303/EN  コインケース:978/EN
トートと合わせて使用したいのが、同じ素材を用いたこの3商品。引き手のフリンジが、さりげないアクセサリー感覚をプラスしている。(左奥)サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ<大>¥84,240 (右)サイズ:W25×H18×D2.5センチ クラッチバッグ<小>¥62,640 (手前)サイズ:W11.5×H7.5×D3センチ コインケース<小銭入れ+キーケース>¥42,120


コニャックのバッグとコインケース

掲載商品 全てコニャック 右回りに、クラッチバッグ<大>:1304/EN  クラッチバッグ<小>:1303/EN コインケース:978/EN
ビジネスでもプライベートでも使えるアイテムなので、プレゼントとしても一考したい。(左奥)サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ<大>¥84,240 (右)サイズ:W25×H18×D2.5センチ クラッチバッグ<小>¥62,640 (手前)サイズ:W11.5×H7.5×D3センチ コインケース<小銭入れ+キーケース>¥42,120
 
 

ニュース速報

ワールド

米共和党、利払い控除廃止案の修正を検討 小規模企業

ワールド

原油先物は下落、供給過剰や低水準の投資巡る懸念で

ビジネス

焦点:政府内で人づくり予算大幅増求める声、脱デフレ

ビジネス

アングル:通貨介入で膨れたスイスの外貨準備、いつ縮

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    有事想定の米韓軍事演習、北朝鮮「暗殺陰謀」と反発

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月