最新記事

バッグ

ビジネスの用途に合わせて、お気に入りの「フェリージ」を選ぶ。

PR

2017年5月25日(木)16時00分
写真:上野山裕二  構成・文:青木雄介
掲載商品 17/29/EN コニャック
ヨーロッパのアルペンで徹底管理された仔牛の革に、特別なクロムなめしが施された柔らかい表革。このコニャックカラーのトートバッグは高級感ある革素材をぜいたくに使用した、フェリージ2017年の目玉となる新作だ。収納力に優れ、持ち運びに便利なトートバッグは、ビジネスシーンにおいてトレンドと言えるだろう。サイズ:W43×H32×D18センチ トートバッグ¥149,040

<ビジネスシーンで相手に信頼感と存在感、そして自分らしさを印象づけるバッグの条件とは? 第一線で活躍するクリエイティブディレクターでもある、morr(株)代表取締役の野坂哲史さんに話を聞いた>

このトートは、荷物の多いクリエイティブ系の職種に最高です。

28歳にして4つの会社の要職につき、テレビ番組のプロデュースやWEBコンテンツのクリエイティブディレクションもこなす多忙なビジネスライフを送っている野坂哲史さん。バッグを20点ほど持っているという彼は、トートバッグの愛用者でもある。「私は荷物が多い方なのでこれぐらい大きい方がちょうどいい。だいたい一眼レフのカメラを持ち歩いているので、他の荷物とも合わせて安心して入れられます。しっかり作られているし、私のようなクリエイティブ系の職種にとっては最高のトートだと思います」

クラッチバッグ(大)

掲載商品 1304/EN ブラック
前段のトートバッグと同じ素材を使用したクラッチバッグ。独特の型押し加工により傷がつきにくく、色落ちもしにくい。それでいて時間の経過とともに、使い込むほどに味わいが楽しめる。サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ(大)¥84,240

このトートと同じ素材を使用したシリーズにクラッチバッグもある。世界でも有名な名門タンナーによるカーフレザーを使用した表革に、裏地は柔らかなピッグスエードを使用したラグジュアリーライン。自他ともに認める革好きの野坂さんも、思わず目を細める。「革が好きですね。経年変化も含めて。フォーマルな場ではスマートなバッグを選ぶようにしています。レセプションパーティなどが多いので、そういうときは、クラッチバッグを使っていますね。幼少のころから使っている〝何でもポーチ〟というのがあるのですが、名刺入れとかコンタクトケースとか、そこにいろいろ入れて毎日、持ち歩いています。このクラッチなら、そんな日常品が手軽に持ち歩けていいですね」

ブラックのトートバッグ

掲載商品 17/29/EN ブラック
コニャックと色違いのブラックのトートバッグ。底鋲付きで自立し、内側にはファスナーポケットも付いている。大きいサイズなので普段からの使用はもちろん、急な出張などビジネスシーンでのあらゆる場面で重宝するはずだ。フェリージとしては珍しい、小さくあしらったロゴも瀟洒な印象を残す。サイズ:W43×H32×D18センチ トートバッグ¥149,040


ブラックのバッグとコインケース

掲載商品 全てブラック 右回りに、クラッチバッグ<大>:1304/EN  クラッチバッグ<小>:1303/EN  コインケース:978/EN
トートと合わせて使用したいのが、同じ素材を用いたこの3商品。引き手のフリンジが、さりげないアクセサリー感覚をプラスしている。(左奥)サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ<大>¥84,240 (右)サイズ:W25×H18×D2.5センチ クラッチバッグ<小>¥62,640 (手前)サイズ:W11.5×H7.5×D3センチ コインケース<小銭入れ+キーケース>¥42,120


コニャックのバッグとコインケース

掲載商品 全てコニャック 右回りに、クラッチバッグ<大>:1304/EN  クラッチバッグ<小>:1303/EN コインケース:978/EN
ビジネスでもプライベートでも使えるアイテムなので、プレゼントとしても一考したい。(左奥)サイズ:W36×H26×D2.5センチ クラッチバッグ<大>¥84,240 (右)サイズ:W25×H18×D2.5センチ クラッチバッグ<小>¥62,640 (手前)サイズ:W11.5×H7.5×D3センチ コインケース<小銭入れ+キーケース>¥42,120
 
 

ニュース速報

ワールド

米つなぎ予算が失効、政府機関が一部閉鎖 上院で合意

ビジネス

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フ

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基礎知識

  • 4

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    インドの新型ICBMで「中国全土が核攻撃の射程内」

  • 10

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月