最新記事

ロシア

ロシアの地下鉄爆破テロに自作自演説が生じる理由

2017年4月13日(木)10時50分
モリー・マッキュー

テロ現場となった地下鉄駅に花を手向けるプーチン大統領 Grigory Dukor-REUTERS

<サンクトペテルブルクの悲劇をめぐって、浮き彫りになる国際テロとロシアの関係>

ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの地下鉄で先週、爆破テロが起こり、少なくとも14人が死亡した。捜査当局はキルギス生まれの犯人(自爆して死亡)を特定し、先週末までに共犯の疑いにより8人を拘束した。

だが、ロシア当局の対応が緩慢に感じられるのはなぜか。国営メディアも当初は、現場の映像をひたすら流すだけだった。

こうした姿勢が、今回の事件は「自作自演」だという噂に火を付けるのは間違いない。過去にも、ロシア政府が言い逃れしにくい噂がたびたび飛んでいる。

例えば14年には、99年に首都モスクワなどで発生した高層アパート連続爆破事件が、ロシア連邦保安局(FSB)の犯行だと主張する本が出版された。このテロは第2次チェチェン紛争の端緒となり、結果としてプーチンが大統領の座に就いた。

自作自演説は、ロシアとテロ組織の現実の関係から目をそらさせる。覆い隠される現実は、背筋が凍りそうなものだ。

【参考記事】大規模デモで始まったプーチン帝国の終わりの始まり

9.11テロ以来、ロシアはアメリカにテロ対策で協力すると言ってきた。今では中東地域で、「安定」のために軍事・外交上の影響を強めている。テロを抑え込むには国内の独裁体制の維持が必要だと言いたいようだ。

ロシア当局の行動は発言と一致しない。シリアのアサド政権にロシアが肩入れしたことは、逆に地域情勢を不穏にしている。しかも目的のために、いくつものテロ組織と手を結んだ。シリアではテロ組織ISIS(自称イスラム国)との戦いを口実に、レバノンの武装組織ヒズボラと、イラン・イスラム革命防衛隊の精鋭部隊を利用した。

だがアサドは、ISISから石油を買っているとされる。その上、FSBは北カフカスで、ISISの志願兵の募集とシリアへの入国を手助けしているという報道もある。

移住者を「兵器」にする

これらの支援は当初、ロシア側に成果をもたらした。ロシア語を話せるイスラム聖戦士がシリアに姿を現すと、戦いの中心はシリアからイラクに移った。アフガニスタンでは、ISIS拡大阻止を掲げてイスラム原理主義勢力タリバンと協力しているという報告もある。

ロシアのメッセージも明確になりつつある。テロリストになりたければロシアのテロリストになるべきだ。ただし、ロシア国外で――。

ニュース速報

ビジネス

中国の長城汽車、フィアット・クライスラー買収に関心

ビジネス

ドイツ経済、今年の成長率は従来予想を上回る可能性も

ワールド

駐ロ米大使館、ビザ発給を大幅に縮小へ 外交官削減要

ワールド

トルコとイラン、クルド人武装勢力対策で軍事協力へ

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNF…

  • 6

    「ユダヤ人はシャワーを浴びろ」でスイスのホテルが…

  • 7

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!---…

  • 8

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本…

  • 9

    「トランプおろし」はあるか、アメリカ大統領失職の…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月