最新記事

映画

ヒーローかヒールか? ベン・アフレック監督・主演「夜に生きる」試写会ご招待

2017年4月4日(火)00時00分

(c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

<前作「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」では強大な力をもつスーパーマンに対峙するブルース・ウェイン/バットマンを演じたベン・アフレック。その彼が今度は一転、警察幹部の息子でありながらギャングとしてのしあがる男を主演し、自ら監督も務める話題作が「夜に生きる」だ>

舞台は1920~30年代の禁酒法時代のアメリカ。主人公のジョーは、ボストン警察の幹部を父親に持ちながら、仲間と強盗を繰り返していた。街では2大勢力のギャングが対立していたが、誰にも支配されたくないジョーは組織に入る気などなかった。ところが、一方のボスの愛人エマと恋におちたことから、ジョーの人生は激変する。夢と野望を叶えるため、彼にはギャングとしてのし上がる道しか残されていなかった──。

今回、本作品のニューズウィーク日本版特別試写会を5月16日に開催、読者の方170組340名様をご招待します。

社会活動家、でもダメ人間 不思議な男アフレック

さて、本作の監督・主演のベン・アフレックだが、プライベートでは毛細血管拡張性運動失調症の子どもたちの支援や、戦争で荒廃したコンゴ民主共和国のための人道支援団体「東コンゴ・イニシアティブ」を設立するなど、さまざまな社会問題の支援を積極的に行っていることでも知られている。


人権活動家のアフレック 自分たちの人権活動を広く知ってもらうため、マット・デイモン、
NFLのトム・ブレイディと行ったファンを招待するピザパーティのツイート

こんな人権活動家の姿をみせるアフレックだが、プライベートでは、2005年に結婚した女優ジェニファー・ガーナーと2015年に離婚を前提に別居。その理由が子どもたちのシッターの女性とアフレックの浮気が発覚したためとも、カジノから出入り禁止にされるほどのアフレックのギャンブル依存、はたまたアルコール依存が原因とも囁かれ、本当はどうしようもないダメ人間だという見方もある。

今回の新作「夜に生きる」でアフレックが演じる役は愛する人のためにギャング同士の抗争に巻き込まれる男だが、果たして本当のアフレックは社会貢献活動に見られるヒーローなのか、それとも酒とギャンブルと女にだらしないいわばヒールなのか? そんなことも考えながら観ると今回の新作はまた違った見方ができるかもしれない。

[原作]:デニス・ルヘイン「夜に生きる」
[監督・脚本・主演]::ベン・アフレック(『アルゴ』『ザ・タウン』)
[出演]エル・ファニング(『マレフィセント』)、ブレンダン・グリーソン(『ハリー・ポッター』シリーズ)、クリス・メッシーナ(『アルゴ』)、シエナ・ミラー(『アメリカン・スナイパー』)ほか
[配給]ワーナー・ブラザース映画
【オフィシャルサイト】yoruni-ikiru.jp
5月20日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー


『夜に生きる』試写会
日時:2017年5月16日(火)18:00開場/18:30開映(上映時間:129分)
会場:新宿明治安田生命ホール(東京都新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビルB1F)

応募締切:2017年4月21日(金)12:00



submit.png





※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

EVポールスター、中国以外で生産加速 EU・中国の

ワールド

東南アジア4カ国からの太陽光パネルに米の関税発動要

ビジネス

午前の日経平均は反落、一時700円超安 前日の上げ

ワールド

トルコのロシア産ウラル原油輸入、3月は過去最高=L
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 7

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中