最新記事

北朝鮮

北朝鮮、新型ロケットエンジンを実験 数年でICBM実用か?

2017年3月20日(月)22時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

北朝鮮が18日東倉里で新型ロケットエンジンの地上噴出試験を行った (c)nodong news

<北朝鮮が19日に新型ロケットエンジンの実験を行った。今回の実験は、米ティラーソン国務長官と中国の習近平国家主席の会談に合わせるかのようにして行われたが、これは単なる示威行為ではなく、北朝鮮がICBMの打ち上げ技術開発に着手したサイン、と見られている>

北朝鮮は18日、新型高出力ロケットエンジンの地上噴出試験を行った。金正恩(以下、キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記が指揮をしたと、朝鮮中央放送と朝鮮中央通信が19日報道した。

ティラーソン米国務長官が15日からの日韓中3カ国歴訪を通じ、オバマ政権とは違う北朝鮮へ強力な圧力をかけるメッセージを表明した。これに対して北朝鮮は、新型高出力ロケットエンジンの噴出試験を公開することで、今後も長距離ミサイルと衛星発射用ロケットなどの中核技術を発展させる作業を続けていくという意志を示したものとみられる。

北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、「国防科学者、技術者たちは、これまでのエンジンより推進力が高い大出力エンジンを完全に朝鮮独自の技術で新たに研究製作し、初めての試験で一気に成功したことで、国防工業建設史に特記するもう一つの奇跡を創造した」と強調した。

さらに「今回の試験は燃焼室の推進力特性とタービンポンプ、制御系統など高出力エンジンの全般的な技術的指標を確認することを目的として行われ、結果として目標値に到達した」と伝えた。

また、キム・ジョンウン総書記は、今回の実験について「今日達成した巨大な勝利がどのような思弁的な意義を持つかを全世界がすぐ見られるようになるだろう」と語り、新たなミサイルの発射を行うことを示唆している。

この発表についてNEWSISなど韓国メディアは、北朝鮮がこれまで新しいエンジンの試験を行うときにはどのような用途のものかを明確にしていたのに、今回は明らかにしなかった理由について注目されると報じている。

専門家によれば、北朝鮮の発表した写真をもとに昨年9月に試験をした静止衛星運搬用ロケットエンジンの発展系とみられ、大陸間弾道ミサイル(以下、ICBM)のエンジンとして開発されている可能性が高いという。

ニュース速報

ビジネス

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=

ワールド

北朝鮮、平昌冬季五輪の開幕前日に軍事パレードの可能

ワールド

アブダビ沖日の丸油田の権益更新、「競争率高い」=経

ワールド

メキシコ、世界一危険な国とのトランプ氏ツイートを一

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 2

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 3

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

  • 4

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い…

  • 9

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 10

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 5

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 1

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 2

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 3

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 4

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月