最新記事

ドラマ

シャーロックとワトソンの名探偵コンビ、ドラマは衝撃の第4章へ(ネタばれ注意)

What to Expect

2017年2月8日(水)10時10分
トゥファエル・アフメド

Courtesy of Todd Antony / HARTSWOOD FILMS 2016 FOR MASTERPIECE

<波乱の展開から目が離せない『SHERLOCK』。新シリーズの見どころを作り手の2人に直撃>(シャーロック〔左〕と相棒のワトソン)

シャーロック・ホームズに妹がいたって知ってます?

いたのです、少なくともベネディクト・カンバーバッチ主演の『SHERLOCK シャーロック』第4シーズンによれば(年初から英BBCで放送中。日本での放送時期は未定)。

第1話ではジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)の妻メアリーが死に、第2話ではシャーロックの妹の存在が明らかになる。しかも妹のユーラス(シアン・ブルック)はシャーロックの破滅を望んでいるらしい。でもなぜ? それに、今まではどこに隠れていた?

いや、これ以上はネタばれのタブーを犯すことになるから筆者には言えない。代わりに製作総指揮のスティーブン・モファットと、同じく製作総指揮でシャーロックの兄マイクロフト役のマーク・ゲイティスに語ってもらおう。

***

――いつから妹を登場させるつもりだった?

【モファット】第3シーズンの最終話「最後の誓い」を撮影していた頃だ。

【ゲイティス】最初は冗談のつもりだった。実は第1シーズンに、シャーロックがマイクロフトについて「確かに兄さんは僕より賢いが、妹は......」と何げなく言うセリフがあったんだ。でもカットした。アイデアは前からあったが、今回のような形じゃなかった。

【モファット】仕掛けは単純なんだ。「まさかこうなるとは」と観客の度肝を抜くよりも、「こうなると予想できたはずなのに」と悔しがらせるのが理想のどんでん返し。ミステリーの女王アガサ・クリスティーが証明したように、読者や観客を驚かすときは先に手掛かりを示しておいたほうが面白い。

【参考記事】異常なカンバーバッチ、自らを語る

magc170207-02.jpg

法医学者のモリー・フーパー〔右〕 Courtesy of Ollie Upton / HARTSWOOD FILMS & MASTERPIECE

――最終話はどうなる?

【モファット】「なぜシャーロックは実の妹に気付かなかったのか」という問いに対する答えが示される。全てが明かされるんだ。簡単な種明かしさ。最終話はこれまでの総まとめで、到達点だ。ホームズとワトソンは心身共に傷つき弱っていたのが嘘のように、真骨頂を発揮する。ここでシリーズを打ち切ってもいいくらいだ。前シーズンまではストーリーを宙ぶらりんにしたまま終わったから、打ち切れなかった。

【ゲイティス】このドラマは、ホームズとワトソンが名探偵とその相棒になるまでを描いてきた。バックグラウンドを紹介したんだ。次のシーズンを作るとしたら、今度はホームズが「出掛けるぞ」とワトソンを誘いに行く場面からいきなり始められる。2人はもう誰もが知る名コンビだから、説明は必要ない。

――妹役のシアン・ブルックはどうやって見つけた?

【モファット】キャスティング担当者に、スターになれるはずなのになっていない才能豊かな女優を探してくれと頼んだ。これでシアンは大スターになる。

【ゲイティス】ベネディクト・カンバーバッチみたいにね。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

ビジネス

米10月住宅着工13.7%増、1年ぶり高水準

ビジネス

東芝、6000億円の第三者割当増資で最終調整 全額

ビジネス

トヨタとスズキ、インドで20年ごろEV投入へ 提携

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 5

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 6

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 7

    「ネコとの生活が小児喘息の発症リスクを軽減する」…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 10

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月