最新記事

ドラマ

シャーロックとワトソンの名探偵コンビ、ドラマは衝撃の第4章へ(ネタばれ注意)

What to Expect

2017年2月8日(水)10時10分
トゥファエル・アフメド

Courtesy of Todd Antony / HARTSWOOD FILMS 2016 FOR MASTERPIECE

<波乱の展開から目が離せない『SHERLOCK』。新シリーズの見どころを作り手の2人に直撃>(シャーロック〔左〕と相棒のワトソン)

シャーロック・ホームズに妹がいたって知ってます?

いたのです、少なくともベネディクト・カンバーバッチ主演の『SHERLOCK シャーロック』第4シーズンによれば(年初から英BBCで放送中。日本での放送時期は未定)。

第1話ではジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)の妻メアリーが死に、第2話ではシャーロックの妹の存在が明らかになる。しかも妹のユーラス(シアン・ブルック)はシャーロックの破滅を望んでいるらしい。でもなぜ? それに、今まではどこに隠れていた?

いや、これ以上はネタばれのタブーを犯すことになるから筆者には言えない。代わりに製作総指揮のスティーブン・モファットと、同じく製作総指揮でシャーロックの兄マイクロフト役のマーク・ゲイティスに語ってもらおう。

***

――いつから妹を登場させるつもりだった?

【モファット】第3シーズンの最終話「最後の誓い」を撮影していた頃だ。

【ゲイティス】最初は冗談のつもりだった。実は第1シーズンに、シャーロックがマイクロフトについて「確かに兄さんは僕より賢いが、妹は......」と何げなく言うセリフがあったんだ。でもカットした。アイデアは前からあったが、今回のような形じゃなかった。

【モファット】仕掛けは単純なんだ。「まさかこうなるとは」と観客の度肝を抜くよりも、「こうなると予想できたはずなのに」と悔しがらせるのが理想のどんでん返し。ミステリーの女王アガサ・クリスティーが証明したように、読者や観客を驚かすときは先に手掛かりを示しておいたほうが面白い。

【参考記事】異常なカンバーバッチ、自らを語る

magc170207-02.jpg

法医学者のモリー・フーパー〔右〕 Courtesy of Ollie Upton / HARTSWOOD FILMS & MASTERPIECE

――最終話はどうなる?

【モファット】「なぜシャーロックは実の妹に気付かなかったのか」という問いに対する答えが示される。全てが明かされるんだ。簡単な種明かしさ。最終話はこれまでの総まとめで、到達点だ。ホームズとワトソンは心身共に傷つき弱っていたのが嘘のように、真骨頂を発揮する。ここでシリーズを打ち切ってもいいくらいだ。前シーズンまではストーリーを宙ぶらりんにしたまま終わったから、打ち切れなかった。

【ゲイティス】このドラマは、ホームズとワトソンが名探偵とその相棒になるまでを描いてきた。バックグラウンドを紹介したんだ。次のシーズンを作るとしたら、今度はホームズが「出掛けるぞ」とワトソンを誘いに行く場面からいきなり始められる。2人はもう誰もが知る名コンビだから、説明は必要ない。

――妹役のシアン・ブルックはどうやって見つけた?

【モファット】キャスティング担当者に、スターになれるはずなのになっていない才能豊かな女優を探してくれと頼んだ。これでシアンは大スターになる。

【ゲイティス】ベネディクト・カンバーバッチみたいにね。

ニュース速報

ビジネス

ECB、来週の理事会で資産買い入れのガイダンス維持

ビジネス

2017年の独経常黒字は2870億ドル、2年連続で

ワールド

英国がEU離脱撤回なら歓迎、方針変更は依然可能=E

ワールド

シンガポールとの鉄道プロジェクト、政治で脱線せず=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 6

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 7

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 8

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 9

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 10

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 6

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 7

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 8

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 9

    犬のうんちで方角が分かる? 犬は南北に体を向けて…

  • 10

    子供の運動能力から超常現象好きまで 指の長さで分…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月