最新記事

トランプ大統領

ついに中国で成立した「トランプ」商標登録

2017年2月25日(土)11時00分
ジョシュ・ブアヒーズ

トランプは中国で多数の商標申請を行っている Raymond Boyd/GETTY IMAGES

<もしも名義料がトランプ個人の懐に入れば、合衆国憲法の報酬条項の規定に触れる可能性がある>

もしかして、これってアメリカ大統領にささげるバレンタインデーのプレゼント? 中国政府は先頃、個人としてのドナルド・トランプに、建設業における「トランプ」名義の商標登録を認めた(有効期限は10年)。

実を言うと、トランプは10年以上前から自分の名前の商標登録を狙っていたが、彼の申請よりも2週間早く、ある中国人男性が同じ登録申請をしていた。先願主義の中国では、この男の勝ちだ。その後、トランプは何度も訴訟に訴えたが敗訴の繰り返し......だったのだが、昨年秋から風向きが変わり、ついにトランプによる「トランプ」の商標登録が認められたのだ。

当然、重大な疑問が浮かぶ。中国はアメリカ大統領に貸しを作ろうとしているのか(たぶんそうだ)。それでもトランプがきっぱり自分のビジネス帝国から手を引けば、こんなことも問題にはならないのか(いや、それでも問題になる)。

【参考記事】親馬鹿トランプ、イバンカをかばい「利益相反」体質さらす

まずは事実経過の復習から。一足早く「トランプ」の商標を登録申請していたのは董偉(ドン・ウェイ)という人物。トランプは何度も法廷闘争に持ち込んだが、直近では15年5月にも敗訴していた。

しかしトランプ側の弁護団は昨年4月、審理のやり直しを請求した。するとどうだ、9月に中国側は董偉の商標登録を取り消す判断を示し、11月13日にはトランプ側の出願を受理。それから3カ月の異議申立期間を経て、めでたくバレンタインデーに中国における「トランプ」商標の登録が完了した。

登録更新を切り札に?

ここで留意すべきは、①(少なくとも形式上は)中国がトランプに素敵なサプライズを贈ったわけではない、②必ずしもトランプが大統領にならなければ手にできなかった結果でもない、の2点だ。

中国は一貫して先願主義を採用しているが、近年は商標や特許を含む知的財産の保護について、欧米並みの水準に近づける努力を重ねてきた。年初には著名な政治家や経営者、文化人などの名前を第三者が商標登録することを禁じる指針も発表している。そうであれば、トランプの勝訴は時間の問題だったと言えなくもない。

ニュース速報

ビジネス

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フ

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

ビジネス

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 6

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月