最新記事

米外交

初外遊は日韓「謝罪ツアー」、新国防長官マティスの狙い

2017年2月2日(木)10時38分
アレックス・ウォード(ブレント・スコウクロフト国際安全保障センター副所長)

Mark Wilson/Getty Images

<トランプ米政権のマティス国防長官が2日に韓国、3日に日本を訪問する。思い出されるのは、8年前のオバマの外遊だ>

8年前、就任間もないオバマ前米大統領が行った2度の外遊は、一部で「謝罪ツアー」と揶揄された。実際、オバマの各国訪問は、前任者のジョージ・W・ブッシュ大統領との違いを印象付けると同時に、アメリカが同盟国や世界の国々を軽んじたり、ばかにしたりしないと安心させることを目的にしていた。

今週のマティス国防長官の日韓歴訪は、オバマの謝罪ツアーを思い出させる。国防長官が新政権発足早々に両国を訪れる目的は、「両国との不朽の同盟に対するアメリカのコミットメントを再確認し、3カ国の安全保障上の協力を一層強化する」こととされている。端的に言えば、トランプ大統領の選挙戦での発言を「謝罪」するのが狙いだ。

トランプは選挙戦中、日本と韓国に自主防衛と核武装を促すような発言をした。アメリカとの強固な同盟を通じて北朝鮮や中国の脅威に対処したい両国は、これを快く思わなかった。

このトランプ発言を放置すれば、由々しき結果を招く恐れがある。アメリカが日韓との連携を弱めた状況で地域情勢が緊迫すれば、両国で核武装論が高まっても不思議はない。そうなれば、ただでさえ緊張を増している地域が一触即発になる。つまり、日韓を核武装に向かわせないために新政権が同盟堅持を約束することは、アメリカの安全保障上の国益と世界の秩序を守ることにつながる。

そこでマティスは、アジアへ旅立った。トランプの選挙戦での発言と「アメリカ第一主義」の主張を微修正し、重要閣僚が今も両国との関係を重視していることをアピールしなくてはならない。トランプがTPP(環太平洋経済連携協定)を実質的に葬り去った今、その必要性はさらに強まっている。

今週、マティスの肩にかかっている責任は重い。

【参考記事】次期米国防長官の異名を「狂犬」にした日本メディアの誤訳

From thediplomat.com

ニュース速報

ビジネス

アングル:ふくおか・十八銀、統合再延期の公算 シェ

ワールド

EU離脱後も途上国の非関税アクセス維持、英政府が方

ワールド

ハモンド財務相への首相交代論、保守党内で浮上=英紙

ビジネス

ECB、出口議論を近く開始も─独連銀総裁=新聞

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 7

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月