最新記事

銃規制

黒人射殺事件の連鎖を生む元凶は

2016年8月29日(月)16時00分
ダーリア・リスウィック(司法ジャーナリスト)、マーク・P・マッケナ(ノートルダム大学法科大学院教授)

Carlo Allegri-REUTERS

<アメリカで今年立て続けに発生した警官による黒人射殺事件とダラスの警官銃撃事件の根底にあるのは、銃の蔓延が生み出す恐怖とパニックだ>(写真はダラスの事件で射殺された警官の同僚)

 フィランド・カスティールは、ミネソタ州セントポールの私立学校で食堂の責任者を務めていた。32歳の黒人男性である彼は「フィル」という愛称で呼ばれ、みんなに愛されていた。

 フィルはもういない。今年7月、セントポール近郊で自動車を運転していたとき、警官に停止を求められ、その揚げ句に射殺されたのだ。警官が車を止めさせた理由は、テールライトが壊れていることだったという。

 黒人男性が警官に射殺される事件が相次いでいる。これらの事件と人種の関係については、多くの指摘がなされている。

 ミネソタ州のマーク・デイトン知事は事件後、きっぱりこう述べた。「車の運転手や同乗者が白人だったら、こんなことは起きただろうか。起きなかったに違いないと私は思う」。デイトンの言うとおりだ。バラク・オバマ大統領も先週、フィルのような事件は特異なケースでないと指摘した。「わが国の刑事司法制度に存在する人種間の不平等を浮き彫りにしている」

 フィルの死に人種が大きく影響したことは間違いない。しかし、この事件を考える上で見落としてはならない要素がもう1つある。それは銃の存在だ。

 車に同乗していたガールフレンドの説明によれば、フィルは警官に銃を所持していると自発的に申告した(市民は警官と対したとき、銃の所持を自己申告するよう推奨されている)。

【参考記事】ダラス警官銃撃事件が大統領選の流れを変える

警官を怯えさせる銃の影

 しかし、それが警官の判断に影響することはなかった。フィルが財布に手を伸ばすと、警官はとっさに「銃だ」と思い、車に向けて発砲し始めた(ただし、その警官の証言は明らかになっておらず、発砲に至るまでの経緯を映した動画も存在しない)。

 フィルの事件の前日には、ルイジアナ州バトンルージュでも黒人男性が警官に射殺された。地面に押さえ付けられた上で、胸を撃たれたのだ。その男性、アルトン・スターリング(37)も銃を所持していた。事件の直前に自衛のために購入したものだったようだ。

 銃を所持する人が増えれば、警官も民間人も、町で遭遇する誰もが銃を持っているという前提でものを考えるようになる。その恐怖の下では、人は冷静な思考や話し合いをせずに、とっさに行動しがちになる。

 一部の警察組織が銃規制の緩和に懸念を表明しているのには、もっともな理由がある。それが警官の仕事を一層難しくすると理解しているのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米ロス港湾局長、8月輸入の軟化予想

ワールド

台湾の駐米代表、中国の威嚇で逆に各国が訪台に関心と

ワールド

ウクライナ、ザポロジエ原発付近で災害対応訓練 度重

ビジネス

FRB、保有債券からの正味金利収入が数カ月中にマイ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 9

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月