最新記事

ゲーム

韓国で唯一ポケモンGOがプレイできる町に観光ブーム

2016年7月15日(金)16時40分
シボーン・オグレイディ

Shannon Stapleton-REUTERS

 アメリカで爆発的な人気となっている「ポケモンGO」。日本に先駆けて7日にサービスを開始したアメリカでは、街中に出現するポケットモンスターを捕まえようとスマートフォンを見ながら歩き回る熱狂者が続出。これまでも意外なところでモンスターが出現し、話題になってきた。

 例えば首都ワシントンD.C.にあるホロコースト記念館、バージニア州にあるアーリントン国立墓地、ニューヨークにある9/11メモリアル・ミュージアム......。

【参考記事】クレムリンにもポケモン現る

 そこに仲間入りしそうなのが韓国の束草市。韓国ではまだサービスが開始されていないにも関わらず、束草では唯一、ポケモンGOのアプリが起動するというのだ。報道によると、韓国当局はその原因について、ゲームのシステムが誤って束草を北米エリアに分類したためだと説明した。

ホテルの予約が一週間で4倍に

 理由が何であれ、人口8万人という小さな海辺の町の観光産業が、この事態を喜ばないはずがない。韓国メディアによると、束草ではここ数日のホテルの予約数が、先週と比べて4倍に膨れ上がった。

 地元のレストランや商店は、ポケモンGOのユーザーに「特典」を用意するなど宣伝に躍起だ。ついには市長も応援に乗り出し、今後束草市は、市内の無料Wi-Fiを拡張し、ユーザーがゲームを中断しなくても済むようにスマホの充電基地も提供すると約束した。

【参考記事】米で大人気の「ポケモンGO」、ISISとの前線でプレイする猛者も登場

 一方で韓国政府は、ポケモンGOに必要な地図情報システムの利用を許可するか否かを決めかねている。政府高官は、外国企業に対して韓国の地図情報の利用を許可すれば、北朝鮮を刺激し両国間の緊張が更に高まる恐れがあると危惧するからだ。

「ソクチョ市にとって、韓国政府が利用を制限するゲームを大々的に奨励するのは難しい」と話したのは、ソクチョ市観光課のリー・セムンだ。「でも、ポケモンGOのおかげで、メディアが連日ソクチョの話題を取り上げ、ゲームの熱狂者が次々にソクチョを宣伝してくれている。市の観光を盛り上げるのにはまさに最強の助っ人だ」

From Foreign Policy Magazine

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=ナスダックが初の1万7000突破、エ

ビジネス

米住宅価格指数、3月は前年比6.7%上昇 前月比で

ビジネス

米CB消費者信頼感、5月は102.0 インフレ懸念

ビジネス

アクティビスト投資家エリオット、米TIへの25億ド
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲームチェンジャーに?

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 4

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 5

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 6

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 7

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 8

    なぜ「クアッド」はグダグダになってしまったのか?

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 10

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中