最新記事

自動運転

自動運転車が移動シアターに変身――フォードが特許取得

Autonomous Vehicle Entertainment System

車内の天吊スクリーンに投射。危険察知して中断する機能も

2016年3月9日(水)19時03分
高森郁哉

自律走行車の娯楽システム 自動運転時に映像を楽しむ。 写真はボルボ・カーズが研究中のもの。

 自動運転車の実用化に向けて、自動車メーカーや大手IT企業による開発が加速している。では、運転から解放された人は、移動中に何をしたらいい? 米フォード・モーターが提案するのは、「映画鑑賞」だ。

 フォード傘下のフォード・グローバル・テクノロジーズは3月1日、「Autonomous Vehicle Entertainment System」(自律走行車の娯楽システム)と題した特許を取得した。このほど米国特許商標庁のサイトに掲載されAutomotive Business Reviewなどが報じている。

ford-self-driving-cinema-patent.jpg

 特許文書内のイラストで示されているように、基本的な仕組みは、車内前方の天井からロールダウンしたスクリーンに、座席側からプロジェクターで映像を投射するというシンプルなもの。スクリーンでフロントガラスが完全に遮られるので、これは自動運転モード時の使用スタイルだ。

 同特許には「非自動運転モード」(つまり、人が運転するマニュアルモード)についても説明がある。その際はスクリーンとプロジェクターが天井部分に格納され、ダッシュボード、計器パネル、バックミラーに内蔵されたサブディスプレイで引き続き映像を観賞できる。

 自動運転モードで映画を観ている間も、車載コンピュータが自動運転用センサーを常時モニターしていて、衝突の危険などマニュアルモードに切り替える必要がある場合は、自動でスクリーンを引き上げるという。

 自動運転時に映像を楽しむというアイデアは、もちろんフォードだけのものではない。たとえば、ボルボ・カーズとエリクソンは今年1月、自動運転車向けの「インテリジェント・メディア・ストリーミング」を共同開発中だと発表した。助手席前部に大型ディスプレイを搭載し、高速インターネット接続でストリーミング動画を表示する仕組みで、移動ルートとネットワーク状況を予測し、移動時間に合わせたコンテンツを選んだり、データをバッファ(先読み)して高画質動画が途切れないようにするという。

ボルボ・カーズとエリクソンが発表した自動運転車向けの「インテリジェント・メディア・ストリーミング」


 「自動運転車の中で映画鑑賞」が実現したとしても、激しいカークラッシュを売りにしたアクション映画(『ワイルド・スピード』シリーズや『ファイナル・デスティネーション2』)、AIやロボットが暴走する映画(『トランスフォーマー』シリーズや『アイ,ロボット』)などはできれば避けたいところだ。逆に、スリル倍増で興奮する、という強者もいるかもしれないが。

ニュース速報

ビジネス

テスラEV初の死亡事故、車両欠陥の証拠ない=米当局

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落、売り一巡後プラス圏に浮上

ワールド

米次期エネルギー長官、気候変動問題で態度軟化

ワールド

トランプ氏、CIA本部を21日に訪問の予定=政権移

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない」悲哀

  • 2

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差への処方箋

  • 3

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 4

    【ダボス会議】中国が自由経済圏の救世主という不条理

  • 5

    トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

  • 6

    ロボット化する社員が企業の倫理的問題を招く

  • 7

    「大統領弾劾」の余波が日韓の雪解けを直撃する

  • 8

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 9

    米メディアはなぜヒトラーを止められなかったか

  • 10

    スーパー耐性菌の脅威:米国で使える抗生物質がすべ…

  • 1

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 2

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 3

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 4

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 5

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 8

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 9

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 10

    共和党が議会を握っても、オバマケアは廃止できない?

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 5

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月