最新記事

欧州連合

スイス国民投票で閉ざされる国境

EUなどからの移民を制限する提案を国民が可決。国境を越えた自由な往来を保障したEUの理想の終わりの始まりか

2014年2月27日(木)15時27分
ジョシュア・キーティング

僅差だったが 移民規制への賛成と反対を唱える広告 Denis Balibouse-Reuters

 スイスで今月9日に実施された国民投票の結果が、ヨーロッパ中に大きな衝撃をもたらしている。

 EU加盟国などから流入する移民を制限するという提案が僅差で可決されたのだ。投票は右派の国民党が主導したもので、西部のフランス語圏が反対、人口の多い東部のドイツ語圏が賛成と、国内をほぼ二分した。

 投票結果は、ヨーロッパで高まる移民排斥ムードを示しているだけではない。EU結成の大きな成果の1つは、域内の国境を自由に越えられるとする取り決めだが、この方針が続くかどうかという点に不安の影を落とした。スイスはEUに加盟していないものの、ヨーロッパ諸国間の国境検査を撤廃したシェンゲン協定には加盟している。

 英ガーディアン紙は「移民の規制は、これまでスイスに自由に入って働くことのできたEU市民にも適用される」ため、シェンゲン協定に反するものだと指摘した。

 欧州委員会はスイス・EU間の協定を見直す必要があると表明。同委員会のレディング副委員長はこう語った。「(ヨーロッパの)単一市場はスイスチーズのようではいけない。穴があっては駄目だ」

 スイスの国民投票の結果は、反移民政策を掲げるEU諸国の政党には歓迎されている。ノルウェーをはじめEUに加盟していない国も、シェンゲン協定からの脱退を検討していることを示唆している。07年にEUに加盟したブルガリアとルーマニアのシェンゲン協定への加盟には、EU内でも反対の声が大きい。

 EU首脳はギリシャがユーロ圏を脱退した場合には、シェンゲン協定を撤廃した上で新たな出入国管理規制を設けることを検討しているともいわれる。ただし今のところ、その可能性はかなり低そうだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米FBI、トランプ氏銃撃の容疑者特定 20歳の共和

ワールド

焦点:「奇跡」と希望、インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

バイデン大統領、トランプ氏銃撃を非難 「暴力許され

ワールド

トランプ氏銃撃、警護体制に疑問 不審者通報も対応遅
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格」が話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 7
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 8
    女優スキ・ウォーターハウス、出産後4カ月の紐ビキニ…
  • 9
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 8
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中