最新記事

ドラッグ

マイケルを死に追いやった
麻酔薬プロポフォールの脅威

The High That Killed the King of Pop

2011年11月17日(木)14時28分
シャロン・ベグリー(サイエンス担当)

解毒剤はなく救済は困難

 即効性のあるプロポフォールは外来麻酔として広く使われているため、投与された経験がある人は大勢いる。経験者の約3分の1は記憶がなく、約3分の1は夢を見たが内容までは思い出せないという。残りは「鮮明で、時に性的な夢」を見ていると、ブライソンは言う。薬が切れた後は、熟睡した後のように活力が湧く人もいる。

 マイケルにプロポフォールを処方したのは、彼がコンサートのリハーサルのために活力を欲しがったからだとマレーは語った。だがこの薬は疲労回復を助けるような眠りをもたらさない。かえって常用して依存状態になると、薬が切れたときに何もできなくなる。

 プロポフォールは89年に認可されて以来、医療関係者による乱用の報告が数多く上がっている。モルヒネのような規制薬物ではないため病院の保管が甘く、くすねるのが簡単だからだ。07年の調査では、プロポフォール乱用事件の18%が医師または看護師によるもので、10年前の6倍だった。

 医療関係者以外の乱用も増えている。プロポフォールを投与された患者の中には「気に入って、どういう薬か知りたがる」人もいると、ブライソンは言う。大抵は「それまで薬物依存になったことのない人たちだ」。

 ある男性は頭痛で処方された後で病みつきになり、獣医から入手を続けて過剰摂取で意識不明のところを発見された。09年には自宅で死亡している女性が発見されたが、彼女は看護師の友人から薬をもらっていた。

 プロポフォール依存者の30%以上が死に至ると、カリフォルニア州麻酔医協会のケネス・ポーカー会長は言う。マイケルの場合、プロポフォールは心不全を引き起こした。この薬は他の麻酔薬とは違い、解毒効果のある薬がないため、過剰摂取した人を簡単に助ける方法はない。プロポフォールの乱用者25人を対象としたある研究では、7人が死亡している。

 乱用の増加を恐れる全米麻酔学会は昨年、プロポフォールを規制薬物とする米麻薬取締局(DEA)の提案を公式に支持した。だが具体的な対策はまだ何も取られていない。

[2011年10月26日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

ビジネス

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 2

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 7

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 8

    アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡

  • 9

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月