最新記事

BOOKS

日本人ムスリムの姿から、大切な「当たり前」を再確認する

Knowing Muslims in Japan

平和な宗教か凶悪な宗教か――『日本の中でイスラム教を信じる』が突きつける理解と無理解

2015年7月24日(金)19時38分
印南敦史

印刷

『日本の中でイスラム教を信じる』(佐藤兼永著、文芸春秋)は、きのうからきょうへと続く日常のなかで忘れてしまいがちなことを目の前に突きつけてくれる。国籍がどうであろうと、性別がどうであろうと、考え方がどうであろうと、大半の人間は「わりと普通」だということだ。

 著者は14年近くにわたり、日本に暮らすイスラム教徒(ムスリム)の取材を行ってきたというフォトジャーナリスト。そこまで長い時間を費やしたことにまずは驚かされるが、「日本人と宗教」という問題を漠然と意識するようになったのは、2001年のことだったそうだ。その年の5月に富山県内のモスク(イスラム教の礼拝所)から持ち出されたコーランが破り捨てられ、さらにその4ヶ月後には9・11が起きたからである。

 そのとき、毎日のようにテロの映像がテレビで流れるなか、それまでほとんどメディアに登場することがなかった在日外国人イスラム教徒たちが判で押したように「イスラム教は平和な宗教です」と訴える姿にむなしさをおぼえ、同時に「私は彼らのことを何も知らない」とも気づかされたのだという。

 その気持ちは理解できる。たとえば今年1月のシャルリ・エブド襲撃事件は、イスラム教に対する私たちの無理解を露呈させもしたし、イスラム教の教義に反するはずである「イスラム国」の存在は、「イスラム教=凶悪」という大きな誤解を生むことにもなったのだから。

 しかし、それは仕方のないことでもあるだろう。報道では極端な部分ばかりがクローズアップされるし、また実際のところ、イスラム教徒でない限り理解できない問題も多いのだから。たとえば後者についてのいい例は、「最後の審判」だろう。死後に最後の審判が開かれ、人が裁けないもの(「良心」に従ってイスラム教の教えを実践したかどうかなど)も含めた、人間の罪悪が裁かれるという考え方。本書にも、そのことについての日本人イスラム教信者のことばが紹介されている。


「最後の審判のような『概念』について話をすると、ムスリムがどれだけ生き生きと生活しているかが見えないんですよ。概念についての関心だけが先行するから、イスラム教が『異常な洗脳宗教』みたいに思われちゃう」(199ページより)


 事実、イスラム教を「異常な洗脳宗教」、もしくはそれに近い存在として捉えていた人は少なくないだろう。かくいう私だって、偉そうなことをいえた義理ではない。偏見はきっとあったし、だから「どう接したらいいのか」で悩んだこともある。

今、あなたにオススメ

最新ニュース

ワールド

ペルー大統領、フジモリ氏に恩赦 健康悪化理由に

2017.12.25

ビジネス

前場の日経平均は小反落、クリスマス休暇で動意薄

2017.12.25

ビジネス

正午のドルは113円前半、参加者少なく動意に乏しい

2017.12.25

ビジネス

中国、来年のM2伸び率目標を過去最低水準に設定へ=現地紙

2017.12.25

新着

ここまで来た AI医療

癌の早期発見で、医療AIが専門医に勝てる理由

2018.11.14
中東

それでも「アラブの春」は終わっていない

2018.11.14
日中関係

安倍首相、日中「三原則」発言のくい違いと中国側が公表した発言記録

2018.11.14
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2024.7.16号(7/ 9発売)

特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50

2024.7.16号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

教養 日本人が知らない世界のニュース50
Americas 01 意外とユルイNYデモ事情/02 手軽化するネットギャンブル/03 ロックな身売り/04 パナマも国境の「壁」建設へ/05 万引大国アメリカ/06 東海岸も西海岸もホームレス急増/07 海面上昇と地盤沈下の米東海岸/08 カブトガニ乱獲/09 危険すぎTikTokチャレンジ/10 ハンバーガーもインフレ/11 大麻合法化カナダの評価/12 メキシコ鳥インフル死者は陰謀?/13 ブラジルのスウィフト効果
Europe 14 サッカークラブが実現したおとぎ話/15 ウクライナでIT産業成長/16 五輪パリの憂鬱/17 ポーランドはゲーム開発ハブ/18 ロシア環境政策は劣勢/19 100歳の国民的英雄に醜聞/20 絶不調ドイツ経済/21 自由の引き締めは制服で/22 TikTok授業/23 73年間も優秀を阻む「呪い」/24 小さな「市」がイギリスに多い理由/25 ウクライナでワイン旅行/26「神のインフルエンサー」が聖人に
Asia 27 中国のサイバーまみれな日常/28 韓国で「犬食禁止法」/29 台湾は生成AIの中心地に/30 iPhone製造でインドが中国追い上げ/31 環太平洋に広がった諸民族のルーツ/32 チャイナボカンの恐怖/33 爆買いマレーシア都市が廃墟に/34 EVレース制覇を狙うインドネシア/35 少子化中国は人口60%減?
Animals 36「ワニ」でフラミンゴ撃退/37 ネコとハヤブサ異種交流/38 毒ヘビが避暑?/39 アシカの赤ちゃん大量死/40 絶滅ジャワトラを追え/41 ゾウの挨拶は糞で!
Middle East & Africa 42 挑戦する強いイラン女性たち/43 アフリカと欧州結ぶ海底鉄道/44 エジプトのド派手新行政首都/45 パレスチナ人労働者が消えたイスラエル農業
Science & Technology 46 人骨由来の激ヤバ麻薬/47 AI作成「ネコの顔の花」/48 宇宙法医学誕生/49 史上最凶のブラックホール発見/50 月に置き去りクマムシ生存の可能性
世界の今が見えるニュースクイズ50
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース