最新記事

話題作

これは本当にゴジラ映画か?

Is This Really a Godzilla Movie?

印刷

破壊のカタルシスは?

 ハリウッド映画の日本描写を細かくあれこれ言うのはばからしいかもしれない。それでも「雀路羅」という地名には萎えた。それはタイ? インド? 54年の『ゴジラ』に出てくる呉爾羅(ごじら)伝説の漢字に似せたのか?たとえ架空の場所でも、原発事故を題材にした『希望の国』(園子温監督)の「長島県」くらいのセンスは欲しかった。

 ジョーたちが暮らす家の造りや周囲の風景も、日本というにはかすかな違和感を覚えるエキゾチックさ。映画が始まって早々、大きな不安が募る。

 さらに興ざめなのは、54年の水爆実験の真相は「あれ」を殺すためだった、という設定。アメリカの水爆実験がゴジラを呼び覚ましたというオリジナル版のメッセージは抹殺された。原発が爆発し、核弾頭が奪われ、街は津波にのまれるなど、核や人間のおごりへの批判もにおわせはする。だがそれもパニックを起こすための要素にすぎない。

 この作品は「怪獣映画の枠を超えた、人間が主人公の家族のドラマ」だと宣伝されている。確かにジョーとフォード父子の確執、愛する妻と息子を守るためのフォードの戦いなど、家族ドラマ抜きには語れない。だが、それこそが一番の問題だろう。

 ゴジラ映画の見どころは何といっても、ゴジラが雄たけびを上げ、放射熱線を吐き、街を破壊し、敵の怪獣と戦うところ。自然か神か、人知を超えた脅威の存在がもたらすカタルシスだ。なのにこの作品では特別感動もない人間ドラマに時間が割かれ、ゴジラが全貌を現すまでとにかく待たされる。「早くゴジラを見せてほしい」と途中で何度も思った。

 その間に画面を動き回り、人間たちを翻弄するのがゴジラの敵となる怪獣ムートー(Massive Unidentified Terrestrial Organism〔未確認巨大陸生生物〕)だ。昆虫にキリスト教の悪魔を掛け合わせたような姿で、東宝のライバルの大映が生んだ怪獣ギャオスにも似ている。

最新ニュース

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

2017.11.18

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい状況

2017.11.18

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に政敵排除

2017.11.18

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期金融政策報告

2017.11.18

新着

北朝鮮

「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危機感

2017.10.05
日本人が知らないマインドフルネス

セックスに悩む女性たちをマインドフルネスが救う?

2017.10.05
朝鮮半島

「北朝鮮への軍事攻撃、成功するかどうか不明」露プーチン大統領

2017.10.05
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2017.11.21号(11/14発売)

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017.11.21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

仮想通貨 分裂騒動が起きてもビットコインは死なず
■用語 新技術を理解する7つのキーワード
■チャート 膨張する仮想通貨の市場
基礎知識 初めての仮想通貨マニュアル
インタビュー 専門家が語る「日本と仮想通貨」
中国 デジタル人民元で主導権を狙う
途上国 アフガン女性たちに金融力を!
ロシア プーチンは暗号がお好き
未来 ブロックチェーンがビッグ4の覇権を突き崩す?
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース