最新記事

話題作

これは本当にゴジラ映画か?

Is This Really a Godzilla Movie?

印刷

破壊のカタルシスは?

 ハリウッド映画の日本描写を細かくあれこれ言うのはばからしいかもしれない。それでも「雀路羅」という地名には萎えた。それはタイ? インド? 54年の『ゴジラ』に出てくる呉爾羅(ごじら)伝説の漢字に似せたのか?たとえ架空の場所でも、原発事故を題材にした『希望の国』(園子温監督)の「長島県」くらいのセンスは欲しかった。

 ジョーたちが暮らす家の造りや周囲の風景も、日本というにはかすかな違和感を覚えるエキゾチックさ。映画が始まって早々、大きな不安が募る。

 さらに興ざめなのは、54年の水爆実験の真相は「あれ」を殺すためだった、という設定。アメリカの水爆実験がゴジラを呼び覚ましたというオリジナル版のメッセージは抹殺された。原発が爆発し、核弾頭が奪われ、街は津波にのまれるなど、核や人間のおごりへの批判もにおわせはする。だがそれもパニックを起こすための要素にすぎない。

 この作品は「怪獣映画の枠を超えた、人間が主人公の家族のドラマ」だと宣伝されている。確かにジョーとフォード父子の確執、愛する妻と息子を守るためのフォードの戦いなど、家族ドラマ抜きには語れない。だが、それこそが一番の問題だろう。

 ゴジラ映画の見どころは何といっても、ゴジラが雄たけびを上げ、放射熱線を吐き、街を破壊し、敵の怪獣と戦うところ。自然か神か、人知を超えた脅威の存在がもたらすカタルシスだ。なのにこの作品では特別感動もない人間ドラマに時間が割かれ、ゴジラが全貌を現すまでとにかく待たされる。「早くゴジラを見せてほしい」と途中で何度も思った。

 その間に画面を動き回り、人間たちを翻弄するのがゴジラの敵となる怪獣ムートー(Massive Unidentified Terrestrial Organism〔未確認巨大陸生生物〕)だ。昆虫にキリスト教の悪魔を掛け合わせたような姿で、東宝のライバルの大映が生んだ怪獣ギャオスにも似ている。

最新ニュース

ワールド

北朝鮮ミサイル発射、中国に「大変無礼」=トランプ氏

2017.05.29

ワールド

メルケル氏は強力な対米関係確信、相違に正々堂々と意見=報道官

2017.05.29

ワールド

マクロン氏政党、得票率トップに=仏下院選世論調査

2017.05.29

ワールド

イタリア秋にも総選挙か、主要政党が改革案支持

2017.05.29

新着

トランプのロシア疑惑隠しか?FBI長官の解任で揺らぐ捜査の独立

2017.05.10
韓国大統領選

アメコミからポケモンまで、韓国の大統領選は世界一面白い!

2017.05.10
ペット

垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛護団体から残酷との声

2017.05.10
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2017.6. 6号(5/30発売)

特集:得する中国、損する日米

2017.6. 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

米中関係 トランプの「取引」が中国を増長させる
地政学 アジアの覇権は中国の手に
通商問題 米中貿易「促進」策の茶番劇
視点 野望に影を落とす「中国帝国」の慢心
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース