最新記事
音楽

世界でもヒット、話題の『アイドル』をYOASOBIが語る

2023年12月1日(金)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
YOASOBI

YOASOBI コンポーザーのAyaseとボーカルのikuraからなるユニット。Ayase は1994年、山口県出身。ikuraは2000年、東京都出身。第71、72回NHK紅白歌合戦に2年連続で出場。23年、TikTok LIVEでも視聴者数の国内最高記録を打ち立てた。 Photos by Takao Iwasawa(The VOICE MANAGEMENT), Styling by Shona Funahashi , Hair & make-up by Nari

<名曲を連発し、瞬く間に日本を代表するアーティストとなったYOASOBI。今年も「アイドル」が世界的なヒットを記録し、レコード大賞の優秀作品賞に選ばれなかったことをめぐっては選考基準を疑う声が続出するほど。時代に刺さる音楽はどう生まれてくるのか──>

「『アイドル』がノミネートされていない!」──11月22日に今年のレコード大賞の大賞候補が発表されると、YOASOBIの大ヒット曲「アイドル」がノミネートされていないことに対し、ネットで疑問と怒りの声が噴出した。

それぐらい、今年のYOASOBIはすごかった。

「アイドル」は国内ビルボードチャートで前人未到の21週連続1位を達成。TVアニメ「【推しの子】」の主題歌として、日本のみならず欧米でも大ヒットしている。6月には米ビルボードのグローバルチャートでも首位を獲得した。

nwyoasobi_idol2.jpg

「アイドル」(2023年) TVアニメ「【推しの子】」の原作者のひとりである赤坂アカが書き下ろした小説『45510』が原作。「お星様の引き立て役B」こと別メンバーのアイに対する愛憎入り混じった感情が、ボーカルの抑揚と楽曲の目まぐるしい展開によって見事に表現されている © Sony Music Entertainment (Japan) Inc. Japan) Inc. © 赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・【推しの子】製作委員会

2020年にBTSの楽曲「Dynamite」が米ビルボード・シングルチャートで1位に輝いたことは記憶に新しい。

BTSやBLACKPINK、昨年デビューしたばかりのNewJeansなど、隣国のアーティストたちが洋の東西を問わず人々を魅了しているが、日本からも世界を視野に入れる才能が生まれてきた。いま、その新生Jポップの中心にいるのは間違いなくYOASOBIだろう。

YOASOBIはコンポーザーのAyaseとボーカルのikuraからなる音楽ユニットだ。「小説を音楽にする」プロジェクトとして、2019年にデビューした。「夜に駆ける」「群青」「アイドル」──時代精神を鮮烈に表現した名曲を立て続けに発表し、一躍日本を代表するアーティストに躍り出た2人が、このたび発表された「Penクリエイター・アワード2023」を受賞した。

11月28日発売のPen誌2024年1月号「クリエイター・アワード」特集では、代表曲「夜に駆ける」と「アイドル」を起点とした楽曲制作のアプローチと、2人が「この時代に対して感じていること」が語られている。

「アイドル」にみる2人の化学反応

彼らのデビュー作にして出世作でもある「夜に駆ける」の歌詞は、強烈にダークながら現代人の心情を鋭く捉えた小説『タナトスの誘惑』をもとに書き下ろされている。その歌詞やビルの屋上から飛び降りるミュージックビデオの描写をめぐり、ネット上には考察記事が溢れたが、Ayaseは「別に暗いものをつくろうとしたわけではありません」と話す。

「個人的に、『いつかは終わるけどね』という厭世観にグッとくるんですよね。未来永劫美しいものではなく、リミットがあって儚いものだからこそ、大切にしたい。生と死に関しても、ふたつを切り離せるわけではなく、隣同士にあるのが当たり前なんじゃないかと」(Pen誌2024年1月号より)

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

チリのSQM、リチウム価格が当面安定と予想 年内の

ワールド

G20財務相会議、共同声明見送り ウクライナ紛争な

ワールド

国連総長、ガザ援助待つ市民100人超死亡で「独立調

ワールド

訂正-原油先物上昇、ガザ停戦協議が複雑化
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 6

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 7

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中