最新記事
セレブ

英女優に客が物を投げつけ「顔に直撃」...繰り返される危険行為は「SNSで有名人が身近になったせい」と専門家

Florence Pugh Fan Attack Sparks Outrage

2023年12月9日(土)20時19分
ビリー・シュワブ・ダン
フローレンス・ピューの顔に物が直撃

Ovidiu Hrubaru/Shutterstock

<客席から投げ込まれた物が女優フローレンス・ピューの顔に直撃。ハリー・スタイルズなど何人もの有名人が同様の被害を受けている>

12月3日、ブラジルで開催されていた「CCXP(コミコン)2023」の会場で、客席から投げ付けられた物が英俳優フローレンス・ピューの顔に直撃するという出来事があった。当然、「犯人」を批判する声が噴出しているのだが、一方でこうした行為は最近さまざまなコンサートなどで続発しており、一種のトレンドとなってしまっている。

■【動画】客席から投げ込まれた物が英女優の顔に直撃...過去にはハリー・スタイルズやテイラー・スウィフトも被害

ソーシャルメディアに投稿された映像には、来年公開される映画『デューン 砂の惑星Part2』について語るパネルディスカッションで、27歳のピューが、共演者のティモシー・シャラメ、オースティン・バトラー、ゼンデイヤらと並ぶ姿が映っている。『デューン 砂の惑星Part2』は、はるか遠い未来、人工知能(AI)後の宇宙を舞台にした『デューン 砂の惑星』の続編だ。

出演者たちが、監督と脚本を担当したドゥニ・ヴィルヌーヴと写真撮影するために立ち上がったとき、客席からステージに、何かが投げ込まれた。その物体は、ピューの目のそばを直撃し、ピューは顔をしかめ、落ちた物体を拾おうと手を伸ばした。共演者たちもこの出来事に驚き、ピューに声を掛けた。

この事件の動画がオンラインで拡散されると、一斉に非難の声が上がった。「フローレンス・ピューに物を投げ付けるなんてひどすぎる。いったいどうしたらいいのだろう。こんなことは許せない。今も。これからも」「失明する可能性だってあった。本当にどうかしている」「フローレンス・ピューに物を投げ付けるなんて、どうなっているんだ」

さらには、「こんなことをしようと思うなんて、本当に悲しい。そのせいで、彼女がステージを降りることになり、とても悲しい。彼女の無事を願っている。この前はテイラー・スウィフト、今回はフローレンス。ブラジルではいつも悪いことが起きる」というコメントもあった。スウィフトが11月17日にブラジルでおこなった公演中に、23歳の観客が倒れて死亡するという事件が起きた。

スタイルズもカーディ・B もテイラー・スウィフトも

今回の事件が起きる前から、ステージ上の有名人が物を投げ付けられるという危険な行為が続いている。

昨年11月には、歌手のハリー・スタイルズがスウェーデンでの公演中、客席から投げられた菓子が目に当たった。今年6月にも、オーストリアの首都ウィーンでの公演中、観客が投げた物が顔に命中した。

歌手のピンクは今年6月、ロンドンでの公演中に、遺灰と見られるものを投げ付けられて当惑した。ヒップホップミュージシャンのカーディ・Bは7月、観客に飲み物を投げ付けられた後、客席にマイクを投げて反撃した。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足

ビジネス

マイナス金利解除4月は時期尚早、中小賃上げ見極め必

ビジネス

中国企業、IPO計画中止相次ぐ 規制強化で

ワールド

焦点:希望見えないウクライナ難民、ホームレス化する
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中