最新記事
セレブ

「猫のような顔」で有名なセレブ...容姿が激変したのは、「髪型が変わったせい」でそう見えるだけと主張

Jocelyn Wildenstein Says Hair Has 'Completely' Changed Her Looks

2023年12月9日(土)16時44分
ライアン・スミス
「キャットウーマン」ジョセリン・ウィルデンシュタイン

2006年のジョセリン・ウィルデンシュタイン s_bukley/Shutterstock

<美容整形によって容姿が変わったという「説」は元夫による「捏造」だと主張し、あくまで髪型による見え方の違いだとした>

美容整形を繰り返し、ネコのような外見になったとして「キャットウーマン」と呼ばれているソーシャライト(社交界の名士)のジョセリン・ウィルデンシュタイン(83)。長年にわたり、その独特な容姿や派手な生活で注目を浴びてきた彼女だが、自身のルックスの変化は「ヘアスタイルを変えた結果」だと語った。

■【比較画像】「猫のような顔」で有名なセレブ...容姿の激変は「髪型が変わったせい」と主張するが

スイス生まれのジョセリン・ウィルデンシュタインは1990年代後半、画商の故アレク・ウィルデンシュタインとの離婚騒動の際に、贅沢なライフスタイルが報じられ、大きな話題となった。彼女は最終的に慰謝料として25億ドルを受け取り、さらに毎年1億ドルが支払われることになった。

ジョセリンは、その特徴的な容姿でも注目を集め、美容整形を繰り返した結果との憶測を呼んできた。2008年に死去したアレクは、2人が共にネコ好きであることから、ジョセリンにネコのような顔にするよう迫ったという噂を否定している。

そんなジョセリンが最近、公開されたインタビューで、自身の外見の変化について語った。

インタビュー誌のメル・オッテンバーグ編集長との対談で、「自分の顔をいじる」のを始めたのはいつか、「自分が自分の偉大な芸術品になるようになったのはいつか」と問われたジョセリンは、「私はずいぶん変わった」と答えた。ただその後に続けたのは、人々が想像していたのとは少し違う言葉だった。

「髪型で全く見た目が変わる。服装でも」

「とてもカーリーだった髪がストレートになったけど、私の髪はいつもスタイリッシュでワイルドだった。馬車に乗っていた時から今に至るまで、自分のすべての写真、両親から受け継いだすべてのアルバムを持っている」

「自分の写真を見ると、カーリーヘアの時、エキゾチックヘアの時、ストレートヘアの時もあって、それによって全く見た目が変わる。服装によっても変わる」

そこでオッテンバーグがさらに、「自分の顔を変えることには大胆だったでしょう」と水を向けると、「そうでもない」とジョセリンは答えた。「ジャーナリストは何でも好きなように言える。私はあえて反論しない。私には関係ないことだから」

ジョセリンの元夫アレク・ウィルデンシュタインは1998年、バニティ・フェア誌に対し、1978年の結婚の約1年後に、妻から目が腫れぼったく見えると言われ、夫婦でフェイスリフトをすることになったと明かしている。彼は、この美容整形がジョセリンにとって氷山の一角になったと主張した。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中