最新記事

ヘルス

アメリカの10代の50人に1人は「慢性疲労症候群」

Chronic Fatigue Syndrome Affects 1 in 50 Teans

慢性疲労症候群(CFS)に対する数々の偏見が多くの若者を苦しめている

2016年1月26日(火)16時23分
ルーシー・ウェストコット

疲労と病気の境は アメリカでは100万人以上がCFSの診断を受けている Tyrone Siu-REUTERS

 現代のティーンエイジャーは、多大なストレスやプレッシャー、厳しい要求に直面している。そのため、子供が相当疲れているように見えても、周囲はそれをいつものことと見過ごしてしまいがちだ。だが実際には、それが病気である場合もる。疲労と病気の分かれ目はどこにあるのだろうか?

 1月25日付けの医学誌「ペディアトリックス」に発表された英国ブリストル大学の研究グループによれば、10代の若者たちの間では「慢性疲労症候群(CFS)」はもはや珍しくないという。16歳の男女の50人に1人がCFSを患っており、症状は半年以上に及ぶ。この結果は、16歳だけでなく10代全体に当てはまるだろうと研究グループは指摘する。

 この研究は、同大学が行った「Avon Longitudinal Study of Parents and Children(親と子供に関するエイヴォン長期研究)」の調査結果に基づいている。研究グループは、5756人の被験者が記入した問診票のデータを検証した。

金持ち病と思われてきたが

 その結果、いくつかの傾向が明らかになった。女子がCFSの症状を訴える傾向は男子のほぼ2倍だった。また、貧しい家庭の子供のほうがCFSの症状を訴える傾向が強かった。これは驚きだ。CFSはこれまで、恵まれた中産階級のわがまま病だと思われてきたからだ。本誌も1990年、この病気は「ヤッピー風邪」と呼ばれていると書いている。

 米疾病対策センター(CDC)によると、アメリカでは100万人以上がCFSの診断を受けている。いまのところ完治の方法は見つかっておらず、治療には抗うつ剤や睡眠薬などが処方されたり、心理カウンセリングが行われたりしている。鍼治療やマッサージなどの代替医療を試す患者もいる。多くの専門家は、健康的な食生活を送る、運動プログラムをきっちりと守る、睡眠時間を増やすなど、生活習慣の改善を推奨している。

 CFSは別名を「筋痛性脳脊髄炎(ME)」と言い、症状は慢性的な疲れだけではない。患者の多くは、めまいや立ちくらみ、気分の落ち込み、不安、筋肉・関節の痛み、頭痛、衰弱、痛覚過敏などの症状を訴える。

 一部の専門家たちは、疲労を通り越した極端な症状は、線維筋痛や慢性偏頭痛、むずむず脚症候群、過敏性腸症候群など、別の病気を併発しているせいだと主張する。今回の研究では、被験者の67パーセントが、うつ病と共通の症状を訴えていることがわかった。

医師を訪ねた患者の94%が門前払い

 患者がCFSの診断を受けるまでには長い時間がかかることもある。医師に相手にされなかったり、誤診されたり、あるいは心因性のものだと言われたりするためだ。ブリストル大学の研究グループによれば、CFSを患う10代の94パーセントが医師に門前払いをされていることがわかった。

ニュース速報

ワールド

インドネシア・アチェの地震で50人以上が死亡、不明

ワールド

タイ、新国王への不敬罪容疑でBBCを捜査=国防相

ビジネス

中国の資本規制強化、企業活動の妨げと欧米の商工会議

ビジネス

円高で税収下振れ、アベノミクス失敗との指摘は誤り=

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 3

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文取り消しを要請

  • 4

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海…

  • 5

    金正恩氏の核開発と「拷問・処刑」の相関関係

  • 6

    人民元、関税、南シナ海──トランプの対中批判はどこ…

  • 7

    ネパールの被災地に巣くう人身売買ビジネス

  • 8

    「トランプとプーチンとポピュリストの枢軸」が来年…

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問は、発表のタイミングもベスト

  • 10

    実録・昏酔強盗、警察も対応不能な驚きの「完全犯罪」

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 7

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 10

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月