最新記事
経営者

「生涯青春」を掲げ、前だけ向いて挑み続ける──。レダグループホールディングス創業者インタビュー

PR

2023年12月19日(火)12時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ広告制作チーム
レダグループホールディングス会⻑兼社⻑の加畑雅之

レダグループホールディングス会⻑兼社⻑の加畑雅之(撮影:宮澤正明)

<「勝つため」の努力を怠らない総帥の信念こそが、多彩な事業を展開するレダグループホールディングスの原動力だった。>

どうやったら勝てるのか、とことん考えて鍛え抜く。

「生涯青春」──。それが加畑雅之の座右の銘だ。「経営は戦いで、戦いは勝つためにあると思っています。私にとって勝つために必要なこと、それが『青春』です。青春時代に培った精神、気力、体力です。生涯『青春』時代の現役でありたい」。

北海道道東の炭鉱町で育った加畑。原点は当時から向き合ってきたスポーツにある。「どうやったら勝てるのか、とことん考えて鍛え抜く。一方で、無駄な努力はしない。こうした点を軸に、限界まで自分を追い込みながら、一つ一つの勝ちをつかんでいったのです」。

そうしてオリンピックを目指し練習に明け暮れる日々を過ごすなかで、のちに経営者となるための礎が築かれていった。「父の教えである、『中途半端で逃げるな。きっちり白黒をつけろ』という考え方も大きかったように思います。目の前のことに怯まずに立ち向か
う、乗り越えるために挑み続けること、この姿勢も私の根幹となっています」。

23歳にして起業。舞台がスポーツからビジネスに移っても、加畑はブレることなく突き進んできた。「経営も自分自身との戦いです。気持ちを萎えさせずに、決して折れることなく鼓舞し続けることができるか。それこそ、自分の中での戦いになります。周囲の情勢は日々刻々と変わっていきますよね。そのようななかで成功を積み重ねていくためには、勝つまでやるんだ!という情熱が必要です」。

実際、加畑が率いるレダグループホールディングスの展開する事業は、時代の要請や流れをうまく捉えながら、変化と成長を続けてきた。一時の成功に甘んじることなく、「変わること」を厭わずにビジネスの荒波に立ち向かってきたのだ。加畑が最初に立ち上げたのはレジャー・ビジネス事業だったが、それから2年後の1979年、ファッション事業を柱とする新会社・セントラル通商を創業。これがレダとしての歴史の始まりだ。

特に欧州で流行していたファー素材の衣類に着目し、海外のファッションブランドを輸入・製造販売する会社として創業した。「ブランディング、というものをとにかく徹底しました。このブランドの商品なら、絶対に間違いがないという信頼感。時代に合った製品開発コンセプトが明確で、メーカーから販売店まで一貫していること。これらを磨き込んで、市場を開拓していきました」。

このブランド力の磨き込みというアプローチは、例えばのちに参入し中核事業へと成長する健康分野にも継承されている。主力商品となったゲルマニウムを素材とする医療機器「プチシルマ」「レダシルマ」も、ユーザーが試用して自分との相性を確認した上で購入するのが基本的な流れだ。「服の試着と同様ですね。こうしたお客様との丁寧な信頼感の醸成が何より大切だと考えています」。

こうしたレダグループホールディングスのブランド展開は、日本国内のみならず、韓国や中国など海外でも広く支持されている。

ニュース速報

ビジネス

米アトランタ連銀総裁、インフレ進展停滞なら利上げに

ワールド

多国間開発銀の改革計画、10月G20会合で議論=ブ

ビジネス

ソニー、米パラマウント買収交渉に参加か アポロと協

ビジネス

ネットフリックス、1─3月加入者が大幅増 売上高見
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中