最新記事

インフラ

ライフラインを叩き売るギリシャ、群がる外資

German, Russian and Chinese Companies Race to Buy up Greek Infrastructure

港は中国に、空港はドイツに……債務危機でギリシャの空洞化が進む

2015年6月17日(水)11時36分
ルーシー・ドレイパー

レッドライン 最後の砦だったピレウス港も売却へ Alkis Konstantinidis-REUTERS

 ドイツから中国、ロシアまで、外国企業がたたき売りに群がっている。次々と売りに出されているのは、債務返済に苦しむギリシャの国有資産だ。

 売却対象は空港や港湾、高速道路や電気・ガスなどの公益事業にまで及んでいる。売却プロセスを一括して担う国有資産開発基金(HRADF)のウェブサイトを見れば、多くの不動産が売りに出されていることが分かる。

 なかでも主要なものは、ギリシャ最大の港であるピレウス港の51%の株式を中国遠洋運輸集団(COSCO)に売却する案件。さらに観光需要の高いコスやミコノス、コルフ各島の空港を含む14の地方空港をドイツの空港運営会社フラポートAGに売却する計画も進んでいる。

 この動きは、1月に政権に就いたツィプラス首相率いる急進左派連合(SYRIZA)の方針転換といえる。彼らは当初、EUなどから救済の条件として要求されていた政府事業の民営化に抵抗する構えを見せていた。政府は2月、主要な国有資産の売却を阻止すると宣言。スタサキス経済相はピレウス港の民営化計画を中止すると発表し、ラファザニス・エネルギー相は計画されていたガス、電気会社の売却を進めない方針を示した。

 バルファキス財務相は当時、こう発言していた。「財政危機のさなかに国家の宝を売却するよりも、国有財産を活用して資産価値を広げ、経済を強化するほうが賢いやり方だ」

 だがその後3カ月で状況は悪化。4月には公営競馬事業が4050万ユーロ(約52億円)で売却され、ツィプラス政権発足以来初となる民営化が実施された。SYRIZAにとって越えてはいけない「レッドライン」だったピレウス港の民営化が進む今、ほかの重要資産も雪崩を打って売却される可能性がある。

 国際社会への攻撃的な姿勢を崩さなかったギリシャ政権だが、今後は外国からの買いあさり攻撃を受けそうだ。

[2015年6月 2日号掲載]

ニュース速報

ワールド

メキシコ中部でM7.1の地震、死者100人超える

ビジネス

米破産裁判所、トイザラスへの融資を承認 約20億ド

ビジネス

焦点:FRB,資産縮小正式発表へ 市場の動揺回避に

ワールド

焦点:4選狙うメルケル首相、難民巡る「どん底」から

MAGAZINE

特集:対中外交の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 2

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 3

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 4

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 5

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 6

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 7

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    米トイザラス、破産法適用申請 ウォルマートやアマ…

  • 10

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月