最新記事

ネット規制

上海でフェイスブックとツイッター「解禁」の狙い

フェイスブックやツイッターを国内で使わせないという強硬姿勢に変化?

2013年9月25日(水)15時48分
ジェニファー・マトソン

限定的措置 上海でも一般市民はフェイスブックやツイッターは利用できないまま Aly Song-Reuters

 フェイスブックやツイッター、ニューヨーク・タイムズ紙電子版など、中国でアクセスが遮断されているSNSやニュースサイトがようやく一部解禁される――香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストのそんな報道が注目を集めている。

 24日付の同紙の記事によれば、上海市に9月29日に開設される国内初の「自由貿易試験区」の中で、利用が可能になるという。この試験区では、人民元の取引や外国からの直接投資を始め、数多くの分野で特例的に規制が緩和される予定で、フェイスブックなどへのアクセス解禁もその一環とみられる。

 匿名でサウスチャイナ・モーニングポストの取材に応じた政府高官は、欧米の人々がより快適に中国でビジネスできる環境づくりが狙いだと語っている。


 外国企業の投資を積極的に呼び込み、外国人に自由貿易試験区での暮らしや仕事に満足してもらうには、どうしたら彼らに心地よく生活してもらえるか考える必要がある。


 もっとも、今回の措置はあくまで限定的で、他の地域での状況は変わらない。フェイスブックとツイッターは、09年から中国国内ではアクセスが禁じられている。同年に、中国西部の新疆ウイグル自治区で起きた大規模な暴動が、SNSによって煽られたものだと中国政府はみているからだ。

 一方、ニューヨークタイムズは12年に温家宝前首相一族の蓄財疑惑を報じた直後から、中国での英語版と中国語版のサイトへのアクセスを遮断されている。

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米ISM製造業景気指数、9月は2年4カ月ぶり低水準

ワールド

EU首脳、ガス料金上限設定を欧州委に要請へ=声明草

ビジネス

英中銀、3日の国債買い入れ額は2210万ポンドにと

ワールド

キム・カーダシアンさん、暗号資産宣伝巡りSECと和

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング