最新記事

テクノロジー

過大評価されるフェイスブックIPO

Beware the Facebook Hype

SNS最大手のフェイスブックがIPOを申請。大きな注目を集めているが、疑問点もある

2012年3月8日(木)13時17分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

 SNS最大手の米フェイスブックが先週、IPO(新規株式公開)を申請。資金調達の目標額は50億ドルとされ、上場時の株式時価総額は1000億ドルに達するとの見方もある。史上最大規模のIPOになるはずだ。

 フェイスブックのIPOは熱狂的とも言える関心を集めているが、いくつか引っ掛かる点もある。例えば、同社の昨年の営業利益は約15億ドルとされる。これは立派な数字だが、決してずば抜けているとは言えない。

 それに、ニュースサイトのビジネスインサイダーが指摘したように、同社は創設8年目だが、同時期のグーグルと比べると売上高が見劣りする。しかも当時は今よりネット広告に投じられる金額が少なかったのに、グーグルは事業を拡大していた。

 最も気になるのは、フェイスブックが目指している1000億ドルという時価総額だ。

 これがいかに法外な数字かは、アップルの例を考えれば分かる。世界最大・最強のハイテク企業であるアップルの時価総額は、昨年の売上高のわずか約3倍だ。

 この比率をフェイスブックに当てはめれば、時価総額は125億ドル。1000億ドルというのは楽観的過ぎる見通しだ。

 昨年1月、ゴールドマン・サックスをはじめとする投資家がフェイスブックの未公開株を購入したときの評価額は、500億ドルだった。テクノロジー業界の動向を伝えるブログ「テッククランチ」によれば、最近の評価額は800億ドル前後だ。

 フェイスブックの評価額が、アップルの例をもとに算出した125億ドル程度で落ち着けば、未公開株を購入していた投資家たちは損失を被ることになる。彼らはそれでも構わないと思っているのかもしれない。何しろフェイスブックは偉大な実績と素晴らしいブランド力を兼ね備えた会社だ。

根拠なき熱狂が消えたら

 フェイスブックに対する評価を甘過ぎると考える私の見方に同意する人の数と、同社のIPOの見通しは「妥当だ」とみる人の比率は1対10程度かもしれない。

 楽観主義者は言うはずだ──グーグルやアマゾン・ドットコムの評価額だって、かつては法外に思えたが、そんなことはなかった。昨年の売上高なんて気にするな。フェイスブックは新興企業なのだから、グーグルと比べるほうがおかしいんだ、と。

 多くの投資家たちにとっては、フェイスブックのIPOは一生に一度あるかないかの大イベント。新製品発表会を「絶対に見逃してはならない」と思うアップルのファンと同様な心理だ。
今回提供される株式が、わずか50億ドル相当分であることも、株価をつり上げる要因になるだろう。驚異的な需要があれば、フェイスブックは提供する株式数を増やすことだってできる。

 実際に上場時の株式時価総額が1000億ドルに達する可能性はあるだろう。だが、この数字を上昇させ続けるのは難しいかもしれない。同社を取り巻く「根拠なき熱狂」が少しずつ消えていけば、なおさらだ。

 その責任は、未公開株の段階で同社の評価をここまで押し上げてしまった投資家たちにある。彼らは、一般投資家が同社の評価を高める余地を残したくないとでも思っているのだろうか。
 
 ソーシャルゲーム最大手ジンガのIPOでも同じようなことがあった。IPO前の資金調達の段階で付いた評価が高過ぎたため、IPO時の評価が予想を下回ったのだ。

 本来、そんなことは起きないはず。だがIT投資を取り巻く環境は以前とは違う。情報通の投資家たちは、IPOが行われるずっと前にお目当ての株の売買を終えているのだ。

[2012年2月15日号掲載]

ニュース速報

ワールド

韓国の国連加盟停止提案、北朝鮮「まったく受け入れら

ワールド

移民政策真意伝わらず、トランプ氏「恐らく私のせい」

ビジネス

3月米利上げ確率35%、GDP改定値受け=短期金利

ビジネス

中国国家主席「金融不正、断固取り締まるべき」

MAGAZINE

特集:習近平vsトランプ

2017-3・ 7号(2/28発売)

「一つの中国」容認で矛を収めたかに見えるトランプだが、世界の新リーダーを目指す中国との貿易戦争は起きるのか

人気ランキング

  • 1

    身近な「サイコパス」から身を守るための知識

  • 2

    オスカー作品賞「誤」発表の大トラブル、その時何が起こったか

  • 3

    金正男氏の息子、キム・ハンソル氏と中国の動向――中国政府関係者を取材

  • 4

    パーフェクトな容姿に「変身」したイバンカ その品…

  • 5

    世界が共感するヌード写真家レン・ハン、突然の死を…

  • 6

    職場でハイヒール強要は違法にすべき? 英国下院で審…

  • 7

    アカデミー賞を取り損ねた名優、名子役、名監督......

  • 8

    金正男暗殺の謎 北朝鮮、従来の「工作作戦」と異な…

  • 9

    LCCが殺到! 関空が描く「アジアハブ」の野望

  • 10

    アカデミー賞逆転劇、スターたちの粋なリアクション

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 3

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛OK」発言で転落

  • 4

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が…

  • 5

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 6

    アメリカ流「餃子の作り方」に物申す⁉

  • 7

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 8

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 9

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 10

    韓国外交部、釜山市らに慰安婦問題の「少女像」移転…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 4

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 8

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    トランプの人種差別政策が日本に向けられる日

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月