コラム

「何を撮るかでさえ重要ではない」と、豪州の強烈な陽光の下で

2016年10月26日(水)16時25分
「何を撮るかでさえ重要ではない」と、豪州の強烈な陽光の下で

From Markus Andersen @markusxandersen

<シドニーで光と影のコントラストをドキュメントする写真家、マーカス・アンダーセン。カメラは単なる道具に過ぎないと、彼は訴える>

 オーストラリア最大の都市であるシドニーは、ほぼ1年中、晴天に恵まれている。澄み切った空から降り注ぐその陽光は、極めてきつい。適度な気温のため、その強さをつい忘れてしまいがちだが、たやすく肌を焼け焦がすほどだ。

 同時にそれは、巨大なビル群を孕む"大都会性"と、複雑に入りくんだリアス式海岸沿いに続く街並みと絡み合って、光と陰の強烈なコントラストを生み出す。今回紹介する38歳のマーカス・アンダーセンは、そんなシドニーで生まれ育ち、光と陰を自らのカメラアイでドキュメントしている写真家だ。

 光と陰が作り出す世界は、一種の陶酔だとアンダーセンは言う。無論それは、太陽が直接的に作り出す、単なる眩さと気だるさのせいだけではない。シドニーの強烈な光によって作られる陰が、そのハイコントラストの交錯が――彼の言葉を借りれば――時として日常のありふれた瞬間を、予期せぬ非現実的な世界へと誘ってくれるからだ。

 作品は、光と陰をドラマチックに扱っているだけではない。アンダーセンの作品の主題は、大都会シドニーに住む人間である。しばしば人間は、太陽に幻惑されながら巨大な闇という峡谷に突き進んでいくように、あるいはその一部の生き物であるかのように描写されている。それは、発展と消費文化に対するアイロニー的なメッセージでもある。

OF. Sydney. Australia. Leica MP / 28mm / ILford HP5

Markus Andersenさん(@markusxandersen)が投稿した写真 -

Unpublished image from my book: "Rage Against The Light". Purchase via link @markusxandersen

Markus Andersenさん(@markusxandersen)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

焦点:保護主義打ち出したトランプ大統領、不透明感増

ビジネス

アングル:市場で冷めつつあるトランプ熱、政策実行性

ビジネス

「底辺への競争」やドル高がリスク、ダボス会議参加者

ビジネス

HSBC、全世界の投資銀行部門で約100人の削減開

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 2

    スコセッシ『沈黙』、残虐で重い映像が語る人間の精神の勝利

  • 3

    【式典スケジュール】トランプ新大統領、就任イベント始まる

  • 4

    ソロス氏「トランプ大統領で市場は低迷へ、政策は失…

  • 5

    トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

  • 6

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 7

    米メディアはなぜヒトラーを止められなかったか

  • 8

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 9

    ロボット化する社員が企業の倫理的問題を招く

  • 10

    中国が史上最速「エクサスケール・スパコン」に一番…

  • 1

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 2

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 3

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 4

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 5

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 6

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 7

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 8

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 9

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差…

  • 10

    共和党が議会を握っても、オバマケアは廃止できない?

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 7

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 8

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 9

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

  • 10

    トランプ、ついにトヨタを標的に 「メキシコで製造…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!