コラム

「何を撮るかでさえ重要ではない」と、豪州の強烈な陽光の下で

2016年10月26日(水)16時25分
「何を撮るかでさえ重要ではない」と、豪州の強烈な陽光の下で

From Markus Andersen @markusxandersen

<シドニーで光と影のコントラストをドキュメントする写真家、マーカス・アンダーセン。カメラは単なる道具に過ぎないと、彼は訴える>

 オーストラリア最大の都市であるシドニーは、ほぼ1年中、晴天に恵まれている。澄み切った空から降り注ぐその陽光は、極めてきつい。適度な気温のため、その強さをつい忘れてしまいがちだが、たやすく肌を焼け焦がすほどだ。

 同時にそれは、巨大なビル群を孕む"大都会性"と、複雑に入りくんだリアス式海岸沿いに続く街並みと絡み合って、光と陰の強烈なコントラストを生み出す。今回紹介する38歳のマーカス・アンダーセンは、そんなシドニーで生まれ育ち、光と陰を自らのカメラアイでドキュメントしている写真家だ。

 光と陰が作り出す世界は、一種の陶酔だとアンダーセンは言う。無論それは、太陽が直接的に作り出す、単なる眩さと気だるさのせいだけではない。シドニーの強烈な光によって作られる陰が、そのハイコントラストの交錯が――彼の言葉を借りれば――時として日常のありふれた瞬間を、予期せぬ非現実的な世界へと誘ってくれるからだ。

 作品は、光と陰をドラマチックに扱っているだけではない。アンダーセンの作品の主題は、大都会シドニーに住む人間である。しばしば人間は、太陽に幻惑されながら巨大な闇という峡谷に突き進んでいくように、あるいはその一部の生き物であるかのように描写されている。それは、発展と消費文化に対するアイロニー的なメッセージでもある。

OF. Sydney. Australia. Leica MP / 28mm / ILford HP5

Markus Andersenさん(@markusxandersen)が投稿した写真 -

Unpublished image from my book: "Rage Against The Light". Purchase via link @markusxandersen

Markus Andersenさん(@markusxandersen)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!