コラム

経歴詐称のサントス議員を辞めさせられない共和党

2023年01月25日(水)14時00分

サントス下院議員の経歴のほとんどがウソだった Jonathan Ernst-REUTERS

<与野党が拮抗する下院で、共和党は「1議席」も失いたくない>

今月、初登院した連邦下院の新人、ジョージ・サントス議員(共和党、ニューヨーク3区選出)に関しては、昨年11月の中間選挙で当選した前後から経歴詐称の疑惑が取り沙汰されていました。とにかく、その「ウソ」が膨大であり、サントス議員に関しては経歴のほとんどが虚偽であったと言っても過言ではないと思います。主要なものだけでも、

「ユダヤ系でホロコースト被害者の子孫」(ウソ、本当はブラジル系でカトリック)
「名門進学高校に在籍、その後大学進学して卒業、更にニューヨーク大学でMBA取得」(全てウソ)
「シティバンク、ゴールドマン・サックス証券に勤務」(どちらもウソ)
「自分はガンに罹患したが生還」(ウソ)
「母親(故人)が9.11テロに遭うも奇跡的に生存」(ウソ、本当はその時点で母親はブラジルで生活)

といった詐称が報じられています。なお、本稿の時点では連邦下院の公式サイトからリンクされている議員の紹介欄では、怪しい経歴は全て削除されています。

連日報じられるスキャンダル

1月に入って議会が開会されると、さらに様々な疑惑が報じられるようになって来ました。

「動物愛護の基金を偽名で主宰していたが、そのカネをネコババしていた」
「ブラジル時代に女装のチャンピオンだった」
「ゲイと公言して同性婚していながら、女性と重婚していた」
「選挙区に居住していなかった」

この4つのストーリーについては、サントス議員自身には何らかの言い分があるようですが、いずれにしても、ニューヨークのメディアでは連日のように「サントス議員のスキャンダル」に関して大きく報道しています。

そのサントス議員に関しては、ライバルの民主党の議員団からは、即時議員辞職の声が大きくなっています。また国外逃亡の可能性があるので、パスポートを無効にすべきといった主張もあります。

同僚である、ニューヨーク州選出の共和党下院議員の多くも、サントス議員の辞職を要求しています。近所の選挙区でここまで激しいスキャンダルがあると、同じ共和党の自分にまで悪評が起きてしまい、次の2024年11月(残り1年10カ月しかありません)の下院全員改選の選挙が危なくなるからです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

仏蘭、EUの米インフレ抑制法対策で足並み揃える=ル

ワールド

NZ与党・労働党の支持率上昇、ヒプキンス氏首相就任

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、FOMC控え

ビジネス

米国株式市場=反落、重要イベント控えテクノロジー株

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    メーガン妃の今後を案じ、ヘンリー王子が「絶望」を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 3

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中