プレスリリース

"aiwaより、豊富な機能で感動の瞬間を逃さないアクションカメラ2製品が登場"新製品【aiwa cam B4K】および【aiwa cam S5K】を本日より販売開始!

2024年04月25日(木)11時30分
テクミラホールディングスの子会社であるアイワマーケティングジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡淳一、以下 アイワマーケティングジャパン)は、手ブレ補正や4倍デジタルズーム機能を搭載し、防水防塵ケースや専用バッテリー、充電器をはじめとした豊富なアクセサリーをパッケージした、様々な環境での録画が可能なデュアルスクリーンアクションカメラ【aiwa cam B4K】および【aiwa cam S5K】(以下 本製品)を、aiwaダイレクトサイト、各ネットショッピングサイトにて順次販売を開始いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_1.png
【主な特徴】
aiwa cam B4K
■ 高解像度撮影を可能にする1,200万画素CMOSセンサーと170°広角レンズであらゆる瞬間を鮮明に記録
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_2.png
1,200万画素CMOSセンサー、動画最大4K解像度、静止画最大24MP、4倍デジタルズーム、手ブレ補正など充実の機能を搭載。対応アプリによりスマートフォンからのリモート撮影操作もできます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_3.jpg
■ 防水防塵ケース
防水防塵ケースを装着すれば、ウォータースポーツや釣りなどの水場環境でもご使用いただけます。

■ 豊富なアクセサリーで、いつでもどこでも様々なシーンで活躍
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_4.jpg
各種固定具やマウント、リモコンや外部マイクが標準で付属しており、組み合わせと工夫次第でどんなシーンでも活躍します。加えて、アクションカメラを購入した多くの人が別途購入する予備のバッテリーや充電器、SDカードも付属。購入してすぐに撮影が始められます。すべてのアクセサリーと本体を収納できる専用ケースでどこでも手軽に持ち運べます。

aiwa cam S5K
上記に加え、動画最大5K・静止画最大48MPの高解像度撮影に対応
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_5.png

【aiwa cam B4K 製品写真】
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_6.png

【aiwa cam B4K 主な仕様】
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_7.png

【aiwa cam S5K 製品写真】
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_8.png

【aiwa cam S5K 主な仕様】
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_9.png

~各製品情報の詳細はこちら~
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_10.jpg
【aiwa cam B4K】

https://aiwa.net/products/aiwa-cam-b4k/

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_11.jpg
【aiwa cam S5K】

https://aiwa.net/products/aiwa-cam-s5k/

画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_12.png
■販売場所
・aiwaダイレクト URL : https://aiwa-digital.shop/

・各ネットショッピングサイト

■想定価格:
【aiwa cam B4K】:25,800円(税込)
【aiwa cam S5K】:28,800円(税込)


アイワマーケティングジャパンはDX 時代におけるシームレスなデジタル空間を生み出す各種製品を展開し、今後も随時ラインアップを充実させてまいります。引き続きご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

※本リリースに記載の商品のデザイン、仕様、外観、価格その他の情報は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

■ 『aiwa』シリーズについて
1951年に誕生した「アイワ」ブランドは、日本初の国産コンパクトカセットレコーダーをはじめ、数々の画期的なオーディオ製品を生み出してきました。一度はデジタル化の大きな波にのまれるも、ICT・IoTデバイスの製造事業を展開するJENESISにより2022年、新生「aiwa」として始動。PC・タブレットやスマートウォッチなど、DX時代におけるビジネスや生活シーンに溶け込む新たな製品展開を開始いたしました。

販売製品や詳細は、ECサイト「aiwaダイレクト」をご覧ください。
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_13.png

aiwaダイレクトURL : https://aiwa-digital.shop/


画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/img_393139_14.png


<アイワマーケティングジャパンについて>
【商 号】アイワマーケティングジャパン株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町 1-23-1 住友不動産神田ビル 2 号館
【代表者】藤岡 淳一
【U R L】https://aiwa.net
【事業内容】電子・通信機器の販売

<テクミラホールディングスについて>
【商 号】テクミラホールディングス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町 1-23-1 住友不動産神田ビル 2 号館
【上場市場】東京証券取引所 スタンダード市場 (証券コード:3627)
【代表者】池田 昌史
【U R L】https://www.tecmira.com
【グループ事業内容】
◆ライフデザイン事業
知育・教育、健康、FinTech、キャラクター等におけるデジタルテクノロジーを活用したサービスとソリューションを提供
◆AI&クラウド事業
AIチャットボットやクラウドアドレス帳サービスなどのSaaSやAWS等を活用したTechソリューションを提供
◆IoT&デバイス事業
通信デバイスの開発・製造や関連プラットフォーム・アプリの開発を通じて、モノとインターネットを融合した価値を提供

<aiwa製品に関するお問合せはこちら>
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/393139/table_393139_1.jpg


※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米年内利下げ回数は3回未満、インフレ急速に低下せず

ワールド

イラン大統領ヘリ墜落、原因は不明 「米国は関与せず

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中