コラム

暴露本で問われるカーラ・ブルーニの実力

2010年09月23日(木)10時28分

 同じようなことをしているのに大バッシングを受ける人もいれば、何となく許されてしまうお得な人もいる。仏大統領夫人のカーラ・ブルーニは、何となく後者な気がする。

 米大統領夫人のミシェル・オバマがリゾート地で娘と過ごしたバカンスのせいで批判を浴びたのは記憶に新しい。国も状況も違うとはいえ、カーラ・ブルーニの場合はどうだろう。サルコジ大統領との派手なバカンスが否定的に報じられた直後には、外遊での立ち居振る舞いがエレガントだと絶賛される。サルコジの支持率が地に落ちているときに、映画女優デビューして浮かれていてもおとがめなし。9月半ばの世論調査によれば、フランスの有権者の54%がブルーニのことを好きだと言い、71%が海外でのフランスのイメージアップにブルーニが役立っていると答えているという。こんなポジションを維持できるのは、各国のファーストレディーと並んでも抜群に目立つルックスのせいか、それともサルコジと結婚する前にモデルや歌手としてしっかり自分の世界を完成させていたせいか、フランスのお国柄のせいか......。

 そんなブルーニの「嫌われない力」が試されるときが来たのかもしれない。先ごろフランスで、ブルーニの「真実」を描いたとする暴露本が相次いで発売された。『カーラ――秘密の生活』は、元ジャーナリストのベスマ・ラウリがブルーニの友人や仕事仲間を取材して執筆。それによれば、ブルーニの慎み深く若々しい大統領夫人というイメージは「大統領府によってつくり上げられたもの」で、実際の彼女は慈善事業に消極的で男性との付き合いも奔放、計算高くサルコジを振り回す女性だという。著者は大統領府が出版差し止めの圧力をほのめかしてきたとも明かしているが、個人的にはこの程度の暴露はどうということもないように感じる。

 もう1冊の方は、ブルーニ本人や周辺人物へのインタビューなどを重ねて執筆しているだけにより深刻度が高い。『カーラとその野心』は、ベストセラーの伝記作品も執筆したことのある2人の作家による暴露本。この中では、こんな事実が明かされている。

 3月にサルコジ夫妻にW不倫疑惑がもち上がった際、ブルーニはこの噂の出どころを突き止めるため、警察当局や諜報機関の内部資料などを入手して犯人探しをしたのだとう。折りしも最近、仏大手ルモンド紙が、7月に騒動となった贈収賄事件の報道に関して同紙の記者をスパイしていたとして大統領府を告訴したばかり。権限を逸脱したサルコジ夫妻の諜報行為に批判が集まる可能性もある。

 さらにこの本によれば、ブルーニは「サルコジがもっと金儲けに力を入れるべき」だと考えていて、トニー・ブレア元英首相が引退後に講演などでがっぽり稼いでいるのに「感銘を受けて刺激された」とか。

 こんな記述を並べ立てられた暴露本2冊の発売で、ブルーニもついに非難の吊るし上げを食らうのか? どうもフランス国民は冷静に受け流すだけ、な気がしてならない。

 ちなみに、『カーラとその野心』の中で、ミシェル・オバマがブルーニに話したという言葉が記述されている。ホワイトハウスで2人が3月に私的な会話を交わした際、ミシェルはホワイトハウスの生活について「聞かないで!まるで地獄よ。耐えられない」と答えたという。

 こちらの方は、ミシェルの報道担当官やフランス大使館が必死で事実を否定するなど、対応に追われる羽目になっているようだ。

――編集部・高木由美子

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

ニュース速報

ワールド

印首相への貿易・投資分野での対応要請、米議員がトラ

ワールド

フィリピン特使、南部のIS系勢力と会談

ビジネス

タカタ会長は事業譲渡後に辞任、負債総額は再生手続き

ビジネス

タカタが民事再生法適用を申請、KSS・自動車各社が

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 9

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!