コラム

「悪」と呼ぶこと、呼ばないこと

2022年04月22日(金)13時15分

SPUTNIK PHOTO AGENCY-REUTERS (PUTIN), PASCAL ROSSIGNOL-REUTERS (LE PEN)

<「警鐘としての脱悪魔化」と「戦略としての脱悪魔化」の関係を考えておきたい>

フランス大統領選の1回目の投票が終わり、決選投票には現職マクロン氏と国民連合のルペン氏が残った。5年前と同じ組み合わせだが、接戦が予想され、どうやら今回はマクロン氏の大勝ともいかなそうだ。

強硬な反移民や反EUなどのスタンスから長く極右と形容されてきたルペン氏は、ここ数年、最右派以外の支持拡大を狙って「脱悪魔化」を推進してきたといわれる。

反ユダヤ主義やホロコースト否定で知られる党創設者の父、ジャンマリ・ルペン氏の除名を皮切りに、党名を国民戦線から国民連合に変更し、EUやユーロからの離脱路線を抑制してきた。猫好きなキャラクターなど、親しみやすさのアピールにも余念がない。

その一方で、外国人の両親から生まれた子供への市民権付与の中止、公営住宅入居などでのフランス国民の優先、公共の場でのムスリムによるスカーフの着用禁止など、移民やムスリムに対する極右的な姿勢は今なお不変だとの声も大きい。

さて、日本のSNSで「悪魔化」と検索すると、最近ではルペン氏関連のほかに、「ロシアやプーチン大統領を悪魔化するな」といった趣旨の書き込みが散見される。

ほかにも、琉球新報が掲載した「ロシア『悪魔視』に疑問」というコラムや、映画監督の河瀬直美氏が「『ロシア』という国を悪者にすることは簡単である」と東京大学入学式で語った祝辞も注目を集めた。

なぜ今こうした言葉が語られるのか。

一方だけでなくもう一方の言い分にも耳を傾けたい、どんなプロパガンダにも加担したくない、社会で広く共有されている見方には一定の警戒をしたい──しばしばそんな考えが見て取れる。

言うなれば「警鐘としての脱悪魔化」だ。

悪魔呼ばわりが誰かの「行為」どころか「存在」自体の否定であり、他者理解や交渉の根本的な諦めだとすれば、特定の民族や宗教の排斥はその典型だ。

同様に、プーチン氏自身が反対者を「口に入った虫」と非人間化し、その「浄化」を語ったことも一例かもしれない。他者の悪魔化に対する警戒は確かに必要だ。

だが同時に、そうした警鐘の言葉と、ルペン氏など政治指導者による「戦略としての脱悪魔化」との関係も考えておきたい。

プロフィール

望月優大

ライター。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。著書に『ふたつの日本──「移民国家」の建前と現実』 。移民・外国人に関してなど社会的なテーマを中心に発信を継続。非営利団体などへのアドバイザリーも行っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米インフレ高すぎる、11月0.75%・12月0.5

ビジネス

米中古住宅仮契約指数、8月は2%低下 金利上昇と価

ビジネス

英財務相、銀行幹部に政策への理解求める 辞任・政策

ワールド

米、対ロシア制裁ペース緩めず ウクライナ情勢巡り=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中