Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2013.2.12号(2/ 5発売)

特集:なぜ日本は誤解されるのか

2013年2月12日号(2/ 5発売)

Cover Story

右傾化から歴史・領土問題、「失われた10年」論争まで
日本の国益を損なう世界の誤解と勘違い

特集 日本が世界から誤解される理由

外交 欧米が誇張する日本の「右傾化」

歴史認識 国益損なう「河野談話」見直し

中国 僕が「反日」をやめた理由

アジア 中韓には見えない靖国神社の実像

経済 日本は衰退などしていない

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

オバマが探る対テロ戦争の出口

西アフリカ フランス軍の介入でイスラム過激派から解放されたマリに残る対立
NewsBeast
InternationaList
The United States ようやく手にした国務長官の座
Israel シリア空爆に込めたイスラエルの計算
Syria 泥沼シリアで処刑が止まらない
Iran イラン核開発ゴリ押しにロシアが警戒
Britain リビアを電撃訪問したキャメロンの思惑
Egypt エジプト軍、クーデター説の真実味
Turkey 米大使館自爆テロとシリアをつなぐ点と線
The United States 中国ハッカー、Nyt攻撃の意味
Asia
North Korea 中国も驚く北朝鮮の核の実力
India 北京よりひどい?インドの大気汚染
China Sns支配も得意の人海戦術で
Philippines サンゴ礁破壊で高まる反米感情
U.S. Affairs
銃撃を生き延びた元議員、議会に魂の苦言
保守派にすり寄る次期国防長官の「変節」
Business
ついにサムスンを切ったアップルの勝算
現代版マーシャルプランがユーロ圏で動きだす
Poeple
「爆発のシーンはあえて入れなかった」
アン・ハサウェイを皮肉る爆笑動画が登場
FEATURES
イタリア 懲りない元首相の復活大作戦
米政治 オバマ政権2期目の「女性問題」
エネルギー 中国も追うシェールガスの野望
科学 深海の女王、最後のダイブ
テクノロジー グラフサーチの野心的な未来
医薬品 バイアグラにダイエット効果?
CULTURE
Fashion ミシェル・オバマを輝かせる男
Movies クールに笑える小さな恋の逃避行
Movies 「12歳で夢見た恋を再現したかった」
Art パックマンがウォーホルと並ぶ日
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中