コラム

令和の時代に昭和の政治......首相は実は誰でもいい

2023年12月26日(火)14時00分
岸田首相

令和の首相に期待されるのは、旗振り役、ムードメーカー、対外代表役 FRANCK ROBICHON/POOL/REUTERS

<無能でも悪逆でもないのに、岸田首相が世論にたたかれる理由。本誌「ISSUES 2024」特集より>

阪神タイガース優勝の翌年は、株価が上がる。しかし岸田政権は、違うジンクスを心配する必要がある。それは、「強力な首相の後は短命政権が続く」ということだ。中曽根政権の後の8年では総理が6人代わり、小泉政権の後の6年でも6人が代わっている。今、史上最長の安倍政権からまだ3年だ。

岸田文雄首相は無能でも悪逆でもないのに、なぜかたたかれる。実直一辺倒に見える岸田首相を、マスコミも世論もたたきたくなるのだろう。


親米・反米、資本主義・共産主義で争った、古き良き時代は過ぎた。ソ連崩壊は共産主義の限界を見せつけたし、隣国中国の台頭で日米同盟の維持、日本の防衛力強化に野党は反対できない。政治問題で与野党が対決する、政治の時代は終わったのだ。世は、行政の時代になった。

だから、ドラマがない。問題が起きると岸田首相は、「あ、その問題は意識しています。処理します」と言って、1カ月くらいすると、それらしい閣議決定をする。この10年来、首相官邸の力は強化されているし、国会は与党・自民党が多数を押さえているので、それで通ってしまう。われわれは閣議決定を見て、「え、本当? これで一件落着?」と自問自答し、以後その件を忘れる。

だから岸田政権は、支持率が下がっても、自分で辞めると言い出さない限り、2024年9月の任期いっぱいは残れる。今は派閥の領袖がすくみ合いで、倒閣して次期首相の座を狙う意欲と力を持つ者がいない。

日銀が利上げをうまく処理して経済が持てば9月の自民党総裁選でも岸田首相が勝つ、とみる人もいる。だが、「いや、岸田首相とのツーショットでは総選挙で勝てない」という声が自民党内で高まると、21年9月の自民党党大会の直前に、(当時の)菅義偉首相が詰め腹を切らされたようなことが起きるだろう。

言われるほど経済は悪くない

その場合、今の派閥の力関係から推測すると石破茂、河野太郎、林芳正の3人が議員票では浮上する。あとは議員票と同数に数えられる党員・党友の投票がどうなるかで、これは読めない。

しかし政局とか選挙とか、そんなに大騒ぎをする必要はあるのか? われわれの生活、そして日本の力は経済で支えられている。日本経済の成長力を支えるのは経常収支の黒字だが、これを支える輸出規模は約7500億ドルで、この15年来ほぼ変わっていない。日本経済は言われるほど悪くないのだ。この中で首相に期待されているのは、旗振り、ムードメーカー、そして対外代表役だ。

今の日本の政治は社会の実勢、特に現役世代の気持ちからずれている。令和の現代を、昭和世代の心持ちでさばいている、とでも言おうか。

その辺りをきちんとやってくれれば、首相は実は誰でもいい......のかもしれない。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』(草思社)など。最新刊は『日本がウクライナになる日』(CCCメディアハウス)  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ECB、大きな衝撃なければ近く利下げ 物価予想通り

ビジネス

英利下げ視野も時期は明言できず=中銀次期副総裁

ワールド

プーチン氏がイラン大統領と電話会談、全ての当事者に

ビジネス

モルガンS、第1四半期利益が予想上回る 投資銀行業
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 6

    【地図】【戦況解説】ウクライナ防衛の背骨を成し、…

  • 7

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 10

    「アイアンドーム」では足りなかった。イスラエルの…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story