コラム

プリゴジン「謀殺」はロシアの未来にどう影響するのか?

2023年09月05日(火)17時10分

プリゴジン(左)は「プーチンの料理番」から成り上がった(2011年)

<プーチンにしてみれば、便利に使ってきた無法者が付け上がったから消しただけのこと>

今年1月の記事でプリゴジン謀殺を予測したが、そのとおりになった。強欲と悪意を凝集したような特異な容貌で、世界の耳目を集めた男だった。ロシアの闇の世界に慣れていない日本や西側の人々は、彼の暗殺に政争あるいは軍分裂の可能性を期待してあれこれと論ずる。だがプーチンにしてみれば、便利に使ってきた無法者が付け上がったから消しただけのこと。ロシアの大衆も、プリゴジンが何かをくれるとは思っていなかったから彼のことはすぐ忘れる。

なぜこう考えるのか説明しよう。「プリゴジン」はロシア語で「追従男」を意味するのだが、文字どおり要路におもねってはい上がる、ワルのタイプだった。1990年代のソ連崩壊直後、何でもありの混乱の中、サンクトペテルブルクのケータリング業で身を起こした時、市庁で経済を担当していたプーチンと知り合ったのだろう。その後、クレムリンでのケータリングも請け負うようになり、2010年代初期にはセルジュコフ国防相(当時)の軍改革に乗じて、軍全体の糧食の配給契約にありついた。

彼はこのビジネスモデルを傭兵業に広げる。14年のクリミア占領の勢いを駆って、ロシア軍はウクライナ東部に侵入したが、プリゴジンの「ワグネル」社の名は、ここで初めて聞かれるようになる。

17年頃、ワグネル社はシリアに赴く。15年以来シリアに駐留してアサド政権を守るロシア軍を助けるという触れ込みだが、その実カネをせしめるのが目的だ。国防省はもうこの頃から(ロシア軍の指揮に従わない上、国防予算に食い込む)ワグネルを敵視し、傭兵企業を合法化する動きもつぶしてしまう。案の定、シリアのワグネルは18年2月、独断で付近の油田を夜襲し、その利権を手に入れようとして、そこを守る米軍特殊部隊に殲滅されてしまう。

不要の域を超え、危険な存在に

この米ロ衝突一歩手前の失態で、ワグネルは数年間アフリカなどに追いやられるのだが、昨年からのウクライナ戦争はワグネルの好機となった。戦争初期に敗退し、国内での動員に大きな抵抗を受けたロシアは、ワグネルをウクライナ東部に投入したのだ。

軍本体が後方に退くなか、ワグネルは自分たちだけが国家のために戦っている構図をつくり出す。要衝でもないバフムートの攻略に乗り出し、SNSで騒ぎ立てては資金と兵器をロシア軍からむしり取った。抵抗するショイグ国防相とゲラシモフ総参謀長は「無能で腐敗した幹部」だとプリゴジンに罵られ、国民もその点は大喝采したが。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』(草思社)など。最新刊は『日本がウクライナになる日』(CCCメディアハウス)  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ホンダ、中国合弁工場で900人削減 EV急拡大で主

ワールド

米下院、詐欺で起訴の共和サントス議員を除名 史上6

ワールド

米連邦地裁、トランプ氏の免責主張認めず 20年大統

ビジネス

米EV税優遇策、中国産材料を制限へ 24年から
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
2023年12月 5日号(11/28発売)

インフレが迫り、貯蓄だけでもう資産は守れない。「投資新時代」のサバイバル術

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者になる?

  • 2

    バミューダトライアングルに「興味あったわけじゃない」が、予想外の大発見をしてしまった男の手記

  • 3

    男たちが立ち上がる『ゴジラ-1.0』のご都合主義

  • 4

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 5

    世界でもヒット、話題の『アイドル』をYOASOBIが語る

  • 6

    「ダイアナ妃ファッション」をコピーするように言わ…

  • 7

    ロシア兵に狙われた味方兵士を救った、ウクライナ「…

  • 8

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 9

    「赤ちゃんの首が...」パリス・ヒルトン、息子を「抱…

  • 10

    土星の環が消失?「天体の不思議」土星の素敵な環を…

  • 1

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不意打ちだった」露運輸相

  • 2

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者になる?

  • 3

    「大谷翔平の犬」コーイケルホンディエに隠された深い意味

  • 4

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 5

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 6

    米空軍の最新鋭ステルス爆撃機「B-21レイダー」は中…

  • 7

    ミャンマー分裂?内戦拡大で中国が軍事介入の構え

  • 8

    「超兵器」ウクライナ自爆ドローンを相手に、「シャ…

  • 9

    男たちが立ち上がる『ゴジラ-1.0』のご都合主義

  • 10

    1日平均1万3000人? 中国北部で「子供の肺炎」急増の…

  • 1

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「穴」に放り込まれたロシア兵たち

  • 2

    <動画>ウクライナ軍がHIMARSでロシアの多連装ロケットシステムを爆砕する瞬間

  • 3

    「アルツハイマー型認知症は腸内細菌を通じて伝染する」とラット実験で実証される

  • 4

    戦闘動画がハリウッドを超えた?早朝のアウディーイ…

  • 5

    リフォーム中のTikToker、壁紙を剥がしたら「隠し扉…

  • 6

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 7

    ここまで効果的...ロシアが誇る黒海艦隊の揚陸艦を撃…

  • 8

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 9

    また撃破!ウクライナにとってロシア黒海艦隊が最重…

  • 10

    またやられてる!ロシアの見かけ倒し主力戦車T-90Mの…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story