ニュース速報

ワールド

ペルー議会、カスティジョ氏罷免 副大統領が初の女性大統領に就任

2022年12月08日(木)13時02分

ペルー議会は、カスティジョ大統領を罷免した。写真はカスティジョ大統領に対する抗議活動。7日、リマで撮影(2022年 ロイター/Alessandro Cinque)

[リマ 7日 ロイター] - ペルー議会は7日、カスティジョ大統領を罷免した。ボルアルテ副大統領が同日、大統領に就任し同国初の女性大統領となった。2026年まで政権を担当する。

カスティジョ氏は一時的な議会の閉鎖などを宣言したが、議員らがそれを無視して罷免決議案の審議を進めた。賛成101票、反対6票、棄権10票の採決結果が発表されると、拍手喝采が巻き起こった。

ボルアルテ氏は、危機を克服するために政治的休戦を呼びかけ、あらゆる政治的見解を反映した新内閣が形成されると述べた。議会閉鎖を試みたカスティジョ氏の行動を「クーデター未遂」と非難した。

検察庁はその後、憲法の秩序を乱した「反逆」と「陰謀」の容疑でカスティジョ氏を拘束したと発表した。

首都リマでは数十人が街頭に出てペルーの国旗を掲げ、カスティジョ氏の失脚を祝った。一方南部アレキパなどでは同氏の支持者が抗議デモを行い警官隊と衝突した。

政治的な混乱を受け、同国の金融市場には動揺が広がったが、大統領就任以来、議会と対立してきたカスティジョ氏の罷免は投資家にとってプラスになる可能性があるとアナリストは指摘する。

通貨ペルーソルは対ドルで一時2%超下落したが、その後はやや持ち直し1.4%安に下げ幅を縮小している。

パンテオン・マクロエコノミクスのアンドレス・アバディア氏は「ペルーの金融市場は厳しい展開が見込まれるが、主に国内の堅調なファンダメンタルズに支援され崩壊することはないだろう」と述べた。

<米国は新政権を歓迎>

ペルーは政治の混乱が何年も続いており、歴代大統領に汚職疑惑が浮上したり罷免決議案が提出されることが何度もあった。

検察は10月にカスティジョ氏が「犯罪組織」に便宜を図ったなどとして訴えを起こしていた。

2021年7月に大統領に就任した同氏を巡っては過去に2回、罷免決議案が採決にかけられたが、必要な票数に届かず失職を免れていた。

米国のリサ・ケンナ駐ペルー大使はツイッター上で「米国はカスティジョ氏による議会の責務遂行を妨げるいかなる超憲法的な行為も断固として拒否する」と表明した。

その後、米国務省報道官はボルアルテ氏の大統領就任を歓迎し、同氏が約束した挙国一致政府を支援するとの声明を発表した。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、一般教書演説で共和党に協力呼びか

ワールド

中国が電話協議を拒否、偵察気球巡り=米国防総省

ワールド

米一般教書演説、自社株買い課税や超富裕層増税に注目

ビジネス

ECB、政府預金の付利引き下げ 国債不足懸念の後退

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中