ニュース速報

ビジネス

ECB、ドイツ銀2大株主への特別審査検討=新聞

2017å¹´07月20日(木)04時36分

 7月16日、ECBは、ドイツ銀行の2大株主に対する特別審査を検討している。南ドイツ新聞が規制当局関係者の話として報じた。写真はドイツ銀行のロゴ、フランクフルトで5月撮影(2017年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は、ドイツ銀行の2大株主に対する特別審査を検討している。南ドイツ新聞が16日、規制当局関係者の話として報じた。

同紙によると、ECBはドイツ銀行の株式をそれぞれ10%弱保有するカタール王族と中国の海航集団(HNAグループ)を検査する可能性がある。

ECBとドイツ銀行はコメントを拒否した。

特別審査は投資家について信頼できるかどうか、財務基盤がしっかりしているかどうかを見極めることが目的で、通常は10%以上の株式を保有する株主が対象となる。

しかし同紙によると、ECBは今回初めて、10%未満の保有比率にもかかわらず大きな影響力を行使していると確認されれば発動可能な例外ルールを適用する可能性がある。

2014年から株主となっているカタール王族、今年に株主となったばかりの海航集団はドイツ銀行に取締役をそれぞれ1人送り込んでいる。

株主総会に出席する株主の数が通常少ないため、両株主ともに事実上、重要な決定を阻止することが可能となっている。同紙によると、関係筋は「両株主ともに10%以上の株式を保有しているように扱われるようだ」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

焦点:米ゴールドマン決算、取引収益悪化は業界の縮図

ワールド

アングル:トランプ政権半年、8人に1人が「今なら投

ワールド

スパイサー米大統領報道官が辞任、スカラムチ氏が新広

ワールド

トランプ氏長男と弁護士の面会、特別検察官が記録保全

MAGAZINE

特集:劉暁波死去 中国民主化の墓標

2017-7・25号(7/19発売)

ノーベル平和賞受賞者・劉暁波の「非業の死」は中国民主化の終わりか、新たな始まりか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    軍事でも外交でもない、北朝鮮問題「第3の解決策」

  • 5

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 6

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 3

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 4

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    資本主義はついにここまで来た。「自分」を売り出すV…

  • 9

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 10

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!