ニュース速報

ビジネス

米FRBの想定利上げペース、速過ぎる公算=セントルイス連銀総裁

2017年05月20日(土)03時06分

 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米経済には足元で弱含みの兆候が出ているとし、FRBが見込む利上げペースは速すぎる可能性があるとの認識を示した。写真は昨年5月撮影。(2017年 ロイター/Edgar Su)

[セントルイス 19日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は19日、最近軟調な兆候を示す経済にとっては、米連邦準備理事会(FRB)が想定する利上げペースは速過ぎる可能性があるとの認識を示した。総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持っていない。

総裁は、最近の政治動向を踏まえ、自身の経済見通しに変わりはないものの、同時にインフレ率は弱まっているほか長期国債利回りは低下しており、そうした状況は利上げを継続すべきというFRBの信条に反するようにおもえると指摘。

その上で「インフレ指標は弱く、低下しており、FRBが目指すインフレ目標からは低過ぎる。インフレ指標は誤った方向に進んでおり、快適さという点でやや行き過ぎている」と述べた。

FRBは来月のFOMCで追加利上げを行うとみられているが、総裁は、そうした動きに反対はしないものの、インフレの戻りが明確となるまでは、いかなる利上げも「過度に積極的」な対応になりかねないと感じているとした。

トランプ政権を巡る混乱による経済への目立った影響は確認されていないとしつつも、市場は今後も政治的な変動の継続に備えるべきとの見解を示した。

総裁は、政府・議会での主要政策課題のこう着はほぼ当たり前となっているため、さまざまなイベントによって主要政策の決定が引き続き妨げられたとしても、現在の見通しが変更することはないとした。

「トランプ選挙運動は異例で、型破りな大統領が誕生することは想定されていた。政策に関しても、通常より不安定な展開となるだろう」としつつも、少なくとも2017年については、こうした状況が見通しに影響を及ぼすことは想定していないと語った。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

独VW、17年のグル―プ販売台数は4.3%増 トヨ

ビジネス

インタビュー:単独で買収できないM&A案件、難易度

ビジネス

M&A、ビジネスに適合・リターン見込めるなら積極的

ビジネス

トヨタ「自社基準満たす」と最終確認、神鋼製品使った

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 2

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 8

    金正恩は「いいやつ」「小柄で太めなのにバスケが上…

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 10

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!