ニュース速報

ビジネス

米FRBの想定利上げペース、速過ぎる公算=セントルイス連銀総裁

2017å¹´05月20日(土)03時06分

 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米経済には足元で弱含みの兆候が出ているとし、FRBが見込む利上げペースは速すぎる可能性があるとの認識を示した。写真は昨年5月撮影。(2017年 ロイター/Edgar Su)

[セントルイス 19日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は19日、最近軟調な兆候を示す経済にとっては、米連邦準備理事会(FRB)が想定する利上げペースは速過ぎる可能性があるとの認識を示した。総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持っていない。

総裁は、最近の政治動向を踏まえ、自身の経済見通しに変わりはないものの、同時にインフレ率は弱まっているほか長期国債利回りは低下しており、そうした状況は利上げを継続すべきというFRBの信条に反するようにおもえると指摘。

その上で「インフレ指標は弱く、低下しており、FRBが目指すインフレ目標からは低過ぎる。インフレ指標は誤った方向に進んでおり、快適さという点でやや行き過ぎている」と述べた。

FRBは来月のFOMCで追加利上げを行うとみられているが、総裁は、そうした動きに反対はしないものの、インフレの戻りが明確となるまでは、いかなる利上げも「過度に積極的」な対応になりかねないと感じているとした。

トランプ政権を巡る混乱による経済への目立った影響は確認されていないとしつつも、市場は今後も政治的な変動の継続に備えるべきとの見解を示した。

総裁は、政府・議会での主要政策課題のこう着はほぼ当たり前となっているため、さまざまなイベントによって主要政策の決定が引き続き妨げられたとしても、現在の見通しが変更することはないとした。

「トランプ選挙運動は異例で、型破りな大統領が誕生することは想定されていた。政策に関しても、通常より不安定な展開となるだろう」としつつも、少なくとも2017年については、こうした状況が見通しに影響を及ぼすことは想定していないと語った。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ECBは金融緩和継続すべき、解除は時期尚早=IMF

ビジネス

三菱自、4―6月期は営業益4.5倍、燃費不正の特損

ビジネス

焦点:新日銀委員が現行政策支持、注目されるボードの

ビジネス

日銀新委員は現行政策を評価、片岡氏「量のみ金利のみ

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬食が国際問題に!

  • 4

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 5

    イバンカ・トランプ夫妻、「無給の政府職員」なのに3…

  • 6

    「日本に移民は不要、人口減少を恐れるな」水野和夫…

  • 7

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 8

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 9

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 9

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!