ニュース速報

ビジネス

米ウォルマートが世界で269店舗閉鎖へ、小型店事業から事実上撤退

2016年01月16日(土)03時00分

1月15日、米ウォルマート・ストアーズは、世界で不採算店舗269店を閉鎖すると発表した。写真は2011年、シカゴで撮影(2016年 ロイター/John Gress)

[15日 ロイター] - 米小売り大手ウォルマート・ストアーズは15日、世界で不採算店舗269店を閉鎖すると発表した。米国で展開してきた小型店舗「ウォルマート・エクスプレス」も全て閉鎖する方針で、小型店事業から事実上の撤退となる。従業員1万6000人に影響が出る見通し。

マクミロン最高経営責任者(CEO)は3カ月前、事業見直しと不採算店舗閉鎖を計画していることを示唆しており、今回の決定は事業再編に向けた初めの一歩となる。

今回の措置に伴い利益が1株当たり0.20─0.22ドル押し下げられる見通しだが、ほぼすべての影響を第4・四半期(11─1月)中に吸収するとしている。

米国内では154店舗を閉鎖する。エクスプレス店舗102店すべてが含まれる。ウォルマートは2011年、試験的に小型フォーマットのエクスプレス店舗の出店を開始したが、期待されたほどの結果は出せなかった。その他閉鎖される52店舗にはスーパーセンターほか、食品スーパー「ネイバーフッドマーケット」や会員制倉庫型店舗「サムズクラブ」が含まれる。

国外では115店舗を閉鎖。ブラジルでは同国前店舗の10%強に相当する60店舗が閉鎖となる。

米株式市場午前の取引で、ウォルマートの株価は2%超下落した。

同時に、2016年度(2017年1月まで)に米国で142─165店舗を新規出店する計画は堅持するとした。海外で200─240店舗を出店する計画も明らかにした。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ドイツ社会民主党の支持率、メルケル氏与党連合を上回

ビジネス

米FRB、3月会合で利上げ真剣に検討する可能性=ア

ビジネス

焦点:ゴーン氏、世界3強入りに照準 3社連合の効果

ビジネス

税制改革、8月休会前の議会承認望ましい=米財務長官

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 2

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 3

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛OK」発言で転落

  • 4

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 5

    トランプのメキシコいじめで不法移民はかえって増える

  • 6

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 7

    児童相談所=悪なのか? 知られざる一時保護所の実態

  • 8

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 9

    金正男暗殺、北朝鮮大使館2等書記官も容疑者 マレー…

  • 10

    日本が低迷する「報道の自由度ランキング」への違和感

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 5

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 6

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 7

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 8

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデタ…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 10

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!